ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シュワルツェネッガー&トム・クルーズ、豪華2ショットが実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画業界最大のトレードショー【第5回シネマコン】が、4月21日(米・現地時間)に開催され、アーノルド・シュワルツェネッガー、トム・クルーズ、レベッカ・ファーガソンらがサプライズ登場した。

 パラマウントピクチャーズのプレゼンテーションが始まると、トップバッターとして7月公開の映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』で主演を務めるアーノルド・シュワルツェネッガーが登場。開口一番「アイルビーバックって言っただろ!」という名台詞とともに、映像を紹介した。そして、「今回、出演を決めたのは、自分も納得のいく正しい方向性の作品だと確信できたからなんだ。この作品はカッコ良く、素晴らしくできあがると思う」と自信を見せた。

 そして、同プレゼンテーションを締めくくりとして、8月公開の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のトム・クルーズが、黒スーツに身をまといサプライズ登場した。トム・クルーズは、予告編にある地上1,500mでの軍用機のアクションシーンについて「撮影は面白かったよ。」とコメント。スタント・シーンについて問題になったのが、滑走路での飛行機のスピードと風速で、滑走路を猛スピードで走るため、小さな衝撃が大きな事故に繋がるのだという。さらに、飛行機にハーネスを着けて吊るされるため、何度も体が機体に打ちつけられ、さらに離陸すると足はどこにも着かずトムは「死ぬほど怖かったよ。挑戦したスタントの中で最も危険だった。」と述べた。

◎公開情報
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7 月11 日(土)全国ロードショー
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
8月7日(金)全国ロードショー
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

トム・クルーズ「忘れられない旅になった」 「女性から何回も銃で撃たれたのは初めて」
シュワルツェネッガーが生涯現役宣言 「倒れて死ぬまでやりたい」
志田未来、初の洋画吹き替えに緊張  米ワールドプレミア参加には「楽しみ1、不安9」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP