ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ぷよぷよ』初舞台のアルル・アミティなどキャスト衣装公開! 舞台内容は「みんなの予想をいい意味で裏切る」 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ぷよぷよ』が初舞台化! “ぷよぷよ”って、そう! みなさんご存知の、落ちてくる“ぷよ”を並べて消す国民的パズルゲームの『ぷよぷよ』です。

シリーズ24周年記念舞台として、『ぷよぷよ オンステージ』を5月2日から6日までの5日間、赤坂ACTシアターにて公演。アルルやシェゾ、アミティ、りんごをはじめ、メインキャラクターの可愛らしいビジュアルを再現した、メインキャストの公演衣装ビジュアル10名分が一挙公開となりました!

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/47209[リンク]


【伊藤梨沙子/アルル役】


【加藤里保菜/アミティ役】


【河村唯(アイドリング!!!)/りんご役】


【綾那/シグ役】


【木下彩/ラフィーナ役】


【田上真里奈/クルーク役】


【川上ジュリア/アコール先生役】


【ルウト/シェゾ役】


【菊地美香/ルルー役】


【天翔りいら/サタン役】

先日行われた、スタッフ&キャスト顔合わせで、舞台の脚本・演出を手がけることとなった斎藤栄作氏は、

ゲームのキャラクターなので、ゲーム映像といった「正解」はありますが、物まねになってしまうと、それはお芝居ではなくなります。ゲームキャラクターを意識しつつ、やっぱり自分たちで作り上げていく。この舞台『ぷよぷよ オンステージ』での「正解」を、みんなで作り上げていきましょう!

また、「ぷよぷよを舞台化する」と言うと、それを聞いた人の反応はもう一通りしかなくて「えっ?」「はっ?」って言われたあとに「ぷよぷよってあのぷよぷよ?」って聞き返されて、「じゃあ、こういう内容?」と質問されます。これらを良い意味で裏切らなければならない、予想を超えた面白いものを見せないといけない、というプレッシャーを常に持ち続けましょう!

とコメント。

気になる内容は、舞台のために書き下ろしたオリジナルストーリー。すでに公開されているあらすじを見てみると、“見たこともない色のぷよぷよをみんなで大捜索する”というもの。ぷよぷよ勝負がメインではなさそうなことが意外です! みんなの予想を「いい意味で裏切る」と語った斎藤氏。どのような公演に仕上がるのでしょうか。

舞台「ぷよぷよ オンステージ」あらすじ

ある日のこと……。アルルは、ぷよぷよ地獄を創造したサタンとのぷよぷよ勝負に敗れて、落ち込んでいました。すると、いつもアルルと一緒にいるカーバンクルが何かに導かれて、森の奥へと消えて行ってしまいます。

心配になったアルルが後を追うと、そこにはこれまで見たこともない色のぷよぷよが……。「もしもワシに触れることができたなら、どんな願いも叶えてやるぷよ」突然しゃべったぷよぷよにアルルは驚きましたが、カーバンクルは一目散に追いかけます。しかしあともう少しの所で、逃げられてしまいました。

見たこともない色のぷよぷよのウワサを聞いたアミティやりんごたちは、森の中で大捜索をはじめます。とくに立派な魔導師になりたいと願うアミティは、誰よりも一生懸命に探そうとします。でもそんなアミティをあまり良く思わない仲間もいて……。

はたして見たことのない色のぷよぷよは、もう一度みんなの前に姿を現すのでしょうか?そして、その本当の正体とは……!?

【舞台『ぷよぷよ オンステージ』】

公演日:2015年5月2日(土)~5月6日(水・祝)
会場:赤坂ACTシアター
チケット料金:S席 7500円/A席 6500円 (全席指定・税込)
ファミリー引換券S席のみ 大人7500円/小人4500円】※小人は小学生以下のお子様のみ

原作:『ぷよぷよ』(セガゲームス)
スーパーバイザー:細山田水紀(ぷよぷよシリーズ総合プロデューサー)、ぷよぷよチーム
プロデューサー:中山雅弘、麻田幹太
脚本・演出:斎藤栄作

特設サイト:
http://puyo-stage.sega.jp/index.html

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP