体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅が氾濫する現世で103ヶ国を旅した竹沢うるまが思うこと[前編]

生活・趣味

TRiPORTライターのKANAです。

今回は「1021日103ヶ国を巡る旅」を終え、数々の写真集や旅行記を出版している写真家の竹沢うるまさんにインタビューしてみました。約3年間、世界中を歩き回り、その時々で感じた心が突き動かされる感覚とは…?

001

ーまず、旅に出ようと思ったきっかけを教えてください。
18才のときに沖縄に行き、初めて海の中の世界を見たんです。そこには陸とは違う、自分が全く知らなかった世界が広がっていました。当時の沖縄には知らない食べ物などもたくさんあり、自分が生まれ育った環境と全く違う文化や伝統がありました。そこから異文化や異世界で何かを経験していくことに魅力を感じたのがきっかけです。

ー1021日間103ヶ国を巡る旅をまとめた旅行記「The Songlines」の中にある、うるまさんが旅で感じたものについての話が深く心に刺さってきました。一番感動した忘れられないエピソードはありますか?

一つのエピソードだけを切り取ることはできないですね。旅自体が一つの思い出なので、その中にある一つの出来事や経験だけを切り離すことはできないんです。今の時代では何でもランキング形式にして順位をつけたがりますが、自分の経験はそういったものではないし、こっちのほうが良かったとか、比較するものではないと感じています。

「絶景=素晴らしいもの」ではない

ー近頃は世界の絶景などに関心がある人も多くなってきていますが、雄大な自然を目の前にしたとき、何を感じますか?
「雄大な自然=何かを感じる」という固定概念は持っていないんです。「絶景=素晴らしいもの」ではないと思うんです。大切なのは、風景そのものではなく、自分の「心の動き」を感じること。自分にとって印象的な風景に出会えた瞬間は、自分もその場の一部に存在しているかのような感覚になります。迎えられているような感じです。そういった「感覚」を掴むことが大切だと思います。

ーネット上では絶景のまとめ記事などが溢れていますが、実際に経験しなければ感じられないものもありますよね。「心の動き」を感じさせるものとは何だと思いますか?
人との出会いかな。風景は飽きるけど、人との出会いは飽きません。人との出会いの中には文化や考え方、価値観など様々な違いがあり、自分が知らなかった心の存在を知ることができるので、心の振幅を得られやすいと経験を通して思います。実際に帰国して思い返してみても、記憶として蓄積されているのは風景よりも、人との何気ない会話だったりします。
旅に出るためには何かきっかけが必要だと思うので「絶景を見たい」というものでもいいと思います。しかし、その絶景スポットまで行く過程の中で「出会い」がありますよね。困ったときに助けてもらったり、逆に襲われたりするかもしれない。本当はそこに「旅をする意味」があり、それに気が付いて「過程」に視点をシフトできたら、同じ旅でもより立体的に厚みが出ると思います。海外に行きやすくなって、旅が氾濫している中ではそれが欠けているなと。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会