体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ストレス」は人生によかった!?健康心理学者が語る、ストレスとの上手な付き合い方

150422_ted-stress-health

健康心理学者であるケリー・マクゴニガル氏がTED Talksで「ストレスとの上手な付き合い方」についてスピーチを行いました。

今まで彼女が伝えてきた、ストレス=健康の害になるという考え方は間違っていたと告白し、知られざるストレスの効用を教えてくれました。

付き合い方を変えれば、ストレスは私たちの人生をよりよいものにしてくれるかもしれません。

彼女のスピーチをまとめると、

1.ストレスは捉え方次第

ストレスは健康に害だと考えるから、害になることが分かった。考え方次第では無害になり、むしろ活力にも変えられる。

2.上手に付き合えば寿命がのびる

人に思いやりをもつことでストレスの回復を早めることができる。上手に付き合えば寿命を延ばすことだってできる。

Happy Days

私は、人を健康で幸せな状態に導いている健康心理学者です。過去10年間、ストレスはあらゆる病気の原因になると言ってきました。しかし、ここで告白します。私は間違っていました。ストレスは一概に敵対するものではないことを、みなさまにお伝えしたいと思います。

むしろ、人生にとってよいものになるかもしれないのです!

すべてはあなたの捉え方次第
有害にも無害にもなる

私が考えを変えるきっかけになったアメリカの研究をご紹介します。3万人の成人の動向を8年間にわたり、追跡調査したものです。

参加者には、「去年どれ位ストレスを感じましたか」 「ストレスは健康に害になると信じますか」 という質問に答えてもらいます。

そして後に、公の死亡記録を使い参加者の誰が亡くなったかを調べました。

まず、前年にひどいストレスを経験した人たちは、死亡するリスクが43%高くなりました。しかしこれは「ストレスは健康に害になる」と信じていた人たちだけです。ひどいストレスを経験しても、「ストレスは無害だ」と思う人たちの死亡リスクは、ストレスがほとんどなかったグループと比較しても、最も低いものでした。

よって、研究者はストレスが死を早めるのではなく、「ストレスが体に悪い」と信じることが死を早めたのだと結論付けました。

つまり、ストレスに対する考えを変えれば、体の反応をも変えることができるということになります。

ストレスを
再定義し直そう

th_スクリーンショット 2015-04-22 17.57.38

ハーバード大学の研究では、テストを実施する前にストレスをこう定義しました。

心臓や呼吸が早くなったり、汗をかいたりするストレス反応は、不安の表れではなく、脳にたくさん酸素を送ってくれる状態で、能力を発揮しやすくしてくれるものだと。

するとその参加者は、自信を持ってよりよいパフォーマンスができるようになったのです。

さらに驚くべきことに、身体的反応も変わりました。普通ストレス反応が起こると、心拍数が増え、血管は収縮します。これがストレスと心臓病とが関連づけられる理由の1つです。

しかし研究では、ストレス反応は有用なものだと捉えた参加者の血管はリラックスしたままだったのです。その状態は、喜びや勇気を感じる時の状態に似ていて、非常に健康的なものでした。

ストレスは人を社交的にして、
寿命を延ばしてくれる

ストレスは人を社交的にするって知っていましたか?近年注目されている、オキシトシンというホルモンは、抱擁する時に分泌されるので「抱擁ホルモン」とも呼ばれています。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。