体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミーハー魂をくすぐる!新型ウェアラブルデバイスまとめ「8選」

85singo_10430507184_740932572b_k

ウェアラブルデバイスと言われて初めに思い浮かぶのは「Apple Watch」でしょうか?はたまた「Google Glass」?

いやいやそれだけじゃありません。ここでは、爪や足の裏、お腹など、カラダの至るところに装着することのできる、個性的なものを紹介していきます!

01.
指1本でタクシーまで呼べる
「Ring Zero」

テクノロジーの祭典、SXSWで発表され話題になった指輪型デバイス。あまりの多機能さに多くの人が驚かされました。

具体的な機能は以下。

01.照明を付ける
02.テレビを付ける
03.タクシーを呼ぶ
04.SNS投稿
05.オーディオを再生・スキップする
06.スマホ撮影のシャッター
07.データのアップロード
08.連絡先の交換

指にはめた状態で、アクションを起こすだけで様々な操作を行うことが可能。たった1秒でいろいろなことができます。これぞ未来!

02.
頭部へのダメージを数値化
「Reebok CHECKLIGHT」

これまで、目視の推測でしか判断できなかったボクサーやアメフトプレイヤーへのダメージを、数字で正確に判断することができるようになったもの。

頭部へのダメージって、後になって大きな事故になるケースもあり、なかなか診断が難しいもの。これまでは専門医の目視からの予測が頼りでしたが、今度は数字を基に判断できます。よりスポーツを安全にするための機器として今後重宝されていくはず。

03.
料理中も操作可能!爪型デバイス
「Nail O」

料理中、レシピを確認したいのに両手がふさがっている、ワークアウト中に音楽のボリュームを調整したい!そんな悩みを解決してくれそうなのが、この爪型デバイス「Nail O」。

この絆創膏のような超薄手の機器ひとつで、タブレットなどのスクロール操作や文字入力、複数の操作を行うことができます!実用化はもう少し先のようですが、かなり便利そう。デザインの着せ替えも可能なようです。

03.
靴下一足で赤ちゃんの体調を管理
「Owlet」

体調をモニタリングするウェアラブルデバイスはありますが、この靴下型のデバイスは赤ちゃんに履かせることで、体温や心拍数を測定し、モニターすることができます。加えて、どれくらい動いたのかという運動量や食事の量などもこれで管理可能。

自分では体調を伝えられない乳幼児の体調も、数値で正確に把握することができます。ゆくゆくは介護や医療の分野でも使われるであろうデバイスです!

04.
着けるだけで足の痛みが和らぐ!
「Quell」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy