ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝型勤務の導入に保育所困惑「これ以上早くは…」 ワーキングマザーは働きにくくなる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝型勤務の導入に保育所困惑「これ以上早くは…」 ワーキングマザーは働きにくくなる?

4月20日に塩崎恭久厚労相が経団連に提出した「『夏の生活スタイル変革』に対する要望書」が話題になっている。長時間労働の削減を図るために、今夏に国家公務員が試みる「朝型勤務」を民間企業も導入するように求めているのだ。

ツイッターには、早出しても帰宅時間を前倒しすることは難しいと考え、「働く時間増えるだけだろどーせ」など長時間労働は減らないと悲観する声が多い。だが朝型勤務への懸念は、それだけではないようだ。
社員だけでなく主婦の負担も増える?

ブログ「おばちゃんの気になる噂」の4月21日付けエントリーは、朝型勤務の導入に伴う主婦への影響を挙げている。メリットとしてあげられているのは、次の3つだ。

・家族が早くに出勤するので、朝の時間にゆとりが出る
・夜はバラバラだった食事の時間が一緒に食事ができるようになる
・家族で会話する時間が増える

夫が朝早く働きに出れば、主婦は午前中の時間に余裕が生まれる。夫が早く帰宅すれば、家族団らんで過ごす時間も増える。その一方で、

・早朝に出ていく家族のために早起きをしないといけない

というデメリットもありそうだ。パート勤務をしている場合、パート先の終業時間が変わらなければ、夫が早く帰ってくる夕飯の支度などがより忙しくなってしまう。

夫の通勤時間についても思いを寄せ、通勤に時間のかかる人は「始発電車でも、仕事に間に合わない人も、出てくるかもしれませんわよ」としている。

子育て中の共働き家庭にも、影響が出そうだ。TBSのニュース動画では、朝型勤務導入による保育所の問題に触れている。出勤時間が早くなると、子どもを受け入れる保育所もより早く開ける必要が出てくるのだ。
「女性の働きやすさ」が目的なのに・・・

都心に通勤する親の多い千葉県の保育所の園長は、「うちはもう、これ以上早くは…」と困惑の表情を浮かべ、こうコメントしている。

「(現在の開園時間の)6時45分でも、通勤に1時間以上かかっている保育士さんは、家を5時半に出て6時15分までには来ている。朝もいろいろ支度もあるので、これ以上(開園の前倒し)は難しいですね」

子どもを預けにきた母親も、「子どもも早く起きないといけなくなって、だからといって夜そんなに早く寝かせられないので、ちょっと困ります」と不安げだ。

保育所の問題だけではない。前出のブログエントリーでは、子どもが小学生の場合は、「子供が登校するよりも先に、親が出勤しないといけない」ことに触れ、

「親が早起きをして出勤するということは、子供の生活パターンも見直さないといけないって事でしょ」

と、子どもへも影響を及ぼすと釘を刺している。

政府の要望書は、朝型勤務のねらいとして「女性や高齢者が働きやすく、また、意欲と能力のある者が活躍しやすい職場環境を作ることで、労働生産性を上げて成長を持続させること」としている。

長時間労働を減らすという方向性自体は歓迎したいが、実際に導入するとなると、思わぬ場所に影響が出ることになる。特に保育の問題を両立して解決しなければ、かえって子育て中の女性が働きにくくなることは確実だ。

あわせて読みたい:霞が関が今夏「朝型勤務」を導入決定
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。