ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本では、すっかり定着している地方の銘菓やご当地スイーツ。京都といえば八つ橋、浜松といえばうなぎパイ、札幌といえば白い恋人など、誰もが瞬時に連想できます。

実はオランダでも、オランダ人であれば誰もが知る有名なご当地スイーツがあります。それが、オランダ中南部にあるノースブラ―バンド州の州都デン・ボッシュ(’s-HertogenboschまたはDen Bosch)が誇る「ボッシュ・ボール(複数の場合:ボッシュ・ボールン)」。

知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ!

効率性を重視して、めったなことでは行列を作らないオランダ人ですが、この「ボッシュ・ボール」を前にすると様子が少し変わります。

この本物の「ボッシュ・ボール」を生産し続けるケーキショップ「ヤン・デ・グロート(Jan de Groot)」の前には、随時行列ができています。たまにお店の外に行列が見えないと思いきや、何と外が寒いため店内で複数の行列ができていることも。

知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ!

またこのスイーツが詰まった大きな箱を抱え、嬉しそうに笑顔でお店を後にする光景を目にすると、如何にこのご当地スイーツが、オランダ人に愛されているかを感じずにはいられません。

ではこれほどの人気のスイーツとは、どのようなものなのでしょうか?

「ボッシュ・ボール」の原型は20世紀初めに開発され、1920年頃に現在の形が定着しました。

名前に「ボール」と入っている通り、実は直径12㎝×高さ5㎝と、テニスボールを一回り大きくしたくらいの真ん丸のボール状のお菓子です。

知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ!

このボールを形づくっているのは、シュークリームのような薄い生地です。そしてこの生地は、しわや割れ目もなく綺麗に薄くダークチョコレートでコーティングされています。このコーティングに使われているチョコレートは、程よい苦みと甘さであり、嫌みがありません。

知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ!

そしてこのボールをそっと割ってみると、ボールの中には見事に生クリームのホイップが詰まっています。ぱっと見たところでは、コッテリと重そうで、全て食べられるのかとふと不安になるかもしれませんが、心配することなかれ。

酪農王国オランダの美味しい生クリームを使い、甘さ控えめで、少し重量感があるように見えますが、実際には絶妙なふんわり具合のホイップクリームのため、するりとお腹に入ります。

美味しいコーヒーや紅茶を飲みながら、ボッシュ・ボールを食べる至福の時、オランダ人の笑顔がこぼれる理由が分かります。

ちなみに「ヤン・デ・グロート(Jan de Groot)」では、「ボッシュ・ボール」を購入して持ち帰ることも、店内のカフェスペースで食べることも可能です。ただ、残念ながら、店内のカフェスペースは、少々よくある普通のカフェで、食べること・お話することがメインになりがちです。

そこでお薦めなのは、デン・ボッシュの街の中心広場近辺などにある、眺めの良いテラスを併設したカフェです。カフェの入口には、「当店では『本物のボッシュ・ボール(Echte bossche bol)』を用意しています」と書かれた看板や、「ヤン・デ・グロート(Jan de Groot)」の看板が出ていることがあります。こうしたカフェであれば、「本物のボッシュ・ボール」にありつけることができます。

知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ! 知られざるオランダ南部の絶品スイーツ、ボッシュ・ボールを召し上がれ!

なお、デン・ボッシュの町は、起源を12世紀に遡り、今も古くも美しい建物が立ち並ぶ中世から続く都市です。一度、この素敵な歴史深い街を探索しつつ、「ボッシュ・ボール」にトライしてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディアhttp://www.asiagracircle.in/agra-fort.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。