ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

撮影場所は「軍艦島」!DJ DAISHI DANCEが津軽三味線 吉田兄弟とコラボした新曲ビデオ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本とアジアを股にかけて活躍しているDJであり、他あらゆるアーティストのリミックスやプロデュースも手掛けるDJ DAISHI DANCEが、このほど発表するアルバムに先駆けて新曲のミュージックビデオを公開しているのですが、その撮影場所というのがあの長崎県の「軍艦島」じゃないか!と話題になっています。

長崎港の南西の海上にある「軍艦島」こと正式名称「端島」(はしま)は、明治から昭和にわたり海底炭鉱によって栄えた島で、東京以上の人口密度を有していたことでも知られています。閉山により無人島となって久しいですが、島に現存する集合住宅などロマンを誘う景観もあってか、たびたび映画や小説のモチーフにもなっています。

4月22日(水)リリースのリ・エディット ベスト・アルバム「DAISHI DANCE Re-EDIT BEST TIME TRAVELER」の1曲目に収録されている「P.I.A.N.O. Renovation. (MUSH UP ANTHEM) feat. 吉田兄弟」のビデオがそのようです。では見てみましょう。

空から縦横無尽に駆け巡るアングルはクールですね!それに加えて今回のコラボアーティストがDAISHI DANCEと同様グローバルに活躍している津軽三味線の吉田兄弟というのもポイント。スピーディーな映像に三味線の軽快な音色が見事にハマっています。

とりわけ今回のすごさは、この映像の撮影をDJ DAISHI DANCE自らが行ったということ。一体どうやったのでしょう?

撮影は、最新鋭の「ドローン(マルチコプター)」という機器を駆使して行われました。

カメラが搭載された無人航空機をDAISHI DANCE本人が操り、近づけるところは限りなく接近し、とても迫力ある作品になっています。世紀をまたぎ今も残る軍艦島の歴史を約3分間でドキュメントしたわけですね。

ちなみにアルバムのジャケット写真もDAISHI DANCEによるもの。島への思い入れの強さが感じられます。

このミュージックビデオは本当に強く引き込まれます。わずか3分とは思えないほど景勝地としての軍艦島の魅力を存分に伝えてくれます。歴史的価値を新鮮に伝えていくアーティストとして、注目の存在ですね。

PR TIMES

YouTube 

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

ケツメイシ「月と太陽」のMVが日本の陰陽感たっぷりでヤバい!
尺八と琴で演奏されたレディー・ガガの「Telephone」♪
[動画] これスゴすぎwww ビヨンセの”Drunk in Love”の歌詞を全て絵文字で表現したMV

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP