体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へSIMフリー iPhone 5の輸入販売を皮切りに、国内におけるSIMロックフリー端末市場を牽引してきたNTTレゾナントが遂に独自ブランドで販売開始します。
新たに発売される端末は、「gooのスマホ」と題されたシリーズ。今回は端末のみの販売はなく、SIMカード+端末のセット販売のみ。SIMカードも「OCN モバイル ONE 音声対応SIM」を採用。「スマホ+通信+アプリ+サポートの四位一体サービス」を提供するためだとか。それでいて、最低で月額2,252円からの運用が可能なのが大きなポイントです。

 

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

この「gooのスマホ」発表にあたって、NTTレゾナントの代表取締役社長 若井昌宏氏は、「スマホをより便利に使いこなしていただくために、端末からアプリまでをワンストップで提供したいというところから、gooのスマホに至った」とし、NTTレゾナントが運営しているポータルサイト「goo」をはじめ、同社が提供しているソリューションによって培ったものを「gooのスマホ」に反映していくそうです。

 

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

また、NTTレゾナント メディア事業部 ポータルサービス部門長の鈴木基久氏は「gooは本日より、オンラインサービスからパームトップサービスになる」と宣言。この「gooのスマホ」によって、今までガラケーの世界にいた人にもスマホになじんでもらうほか、2台目需要に応えていくラインナップを考えたとのこと。

 

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

リリースされる端末は、「g01(グーマルイチ)」「g02(グーマルニ)」「g03(グーマルサン)」の3機種。エントリー向け、ミドルレンジ、ハイエンド向けにカテゴライズ。いずれもZTE製で、Android 5.0を搭載し、デュアルSIMスロットを備えているのが特徴のひとつになっています。販売は本日4月22日より開始。

 

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

「g01」は、エントリーモデル。ZTE Blade L3をベースにした3G端末で、CPUはクアッドコアの1.3GHz、854×480ドットの5インチTFT、ROM 8GB、RAM 1GB構成。本体の価格自体は10,800円と安価な設定で、SIMも含めての費用は2年利用の場合で月額2,252円になります。カラーはgooのブランドカラーである、gooレッドとパールホワイトの2種類で展開。

 

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

「g02」は、ZTE Blade S LiteがベースのLTEモデルで、クアッドコア1.2GHzのCPUと1280×720ドットの5インチIPS液晶ディスプレイ、ROM 8GB、RAM 1GBといった標準的な端末です。本体の価格は21,600円で、SIMを含めた運用では2年利用で2,776円。カラーは、プラチナピンクとプラチナシルバーの2つになっています。

gooがSIMフリースマホ本格参入!「gooのスマホ」3機種発売へ

「g03」は、オクタコア1.5GHz/1.0GHzのCPUに、1280×720ドットの5インチIPS液晶ディスプレイ、ROM 16GB、RAM 2GBを搭載したハイエンドモデルでZTE Blade Sがベースとなっています。

特徴は、メインカメラに1300万画素のSony Exmor「IMX214」を搭載したほか、Hi-Fiサウンドや、モーションセンサーによるジェスチャー機能を搭載している点。そのうえで、本体価格は驚きの32,400円という安価!2年利用では3,298円になります。カラー展開や本体の見た目は、g02と同じになっています。

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。