ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1Dを次に脱退するのはハリー? 『THIS IS US』の監督が語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫
1Dを次に脱退するのはハリー? 『THIS IS US』の監督が語る

 先月のゼイン・マリク脱退に続くワン・ダイレクションの今後について、同グループのコンサート映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』で監督を務めたモーガン・スパーロックが独自の見解を語った。

 彼がどれほど真面目に話しているのかは分からないものの、スパーロック監督は米ゴシップ・サイト“TMZ”のカメラに対し、「彼らはしばらくの間は一緒に居ると思う。もう少し長く一緒かもしれないが、その後、おそらくハリーがいつかグループを去ることになるだろう。そしてナイル、ルイ、リアムの3人は、新しいベル・ビヴ・デヴォーみたいになっていくと思うよ」などと話している。

 ちなみに、ベル・ビヴ・デヴォーとは、元ニュー・エディションのリッキー・ベル、マイケル・ビヴンス、ロニー・デヴォーの3人で結成されたグループだ。

 スパーロック監督は以前、マリクがワン・ダイレクションを抜けると聞いて非常に動揺したことを打ち明けていたものの、別の道を追求したいという彼の決意を応援するという。「彼らが一緒に揃っているのは素晴らしいことだと思う。一緒にいると特別な何かがあるけど、ゼインの抜けたいという要望を責めることはできない。人生においては自ら決断をしなければならないんだ」と話している。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセン 国内洋楽チャート2週連続1位に、大ヒット“ワイスピ”のあの曲も急上昇
ジョン・レノン ソロ作8枚の重量級アナログ盤収録の『ジョン・レノン BOX』が発売、オリジナル・アルバムのアートワークも忠実に再現
ブラー、12年ぶり新作『ザ・マジック・ウィップ』の全曲先行試聴が開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。