ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモとKDDI、5月1日からのSIMロック解除の義務化に伴い手続き方法や窓口を案内

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモと KDDI は 4 月 22 日、総務省の SIM ロック解除の義務化に関する新ガイドラインが 5 月 1 日より適用されるのに合わせて、両社の SIM ロック解除の手続き方法等を発表しました。発表によると、両社とも 5 月 1 日以降に発売する機種にも SIM ロックを設定し、ユーザーからの申し込みに応じる解除するスタンスです。最初から SIM ロック無しではありません。対応機種については、NTT ドコモは「2015 年 5 月 1 日以降に発売される機種(一部の機種は対象外。受付条件により SIM ロック解除を実施できない場合もある)」としており、KDDI は「2015 年 5 月 1 日以降に発売するスマートフォン、タブレットなどの au 携帯端末は原則 SIM ロック解除機能を搭載」としています。しかし、両社とも端末購入後 180 日間 / 6 ヶ月間は SIM ロックを解除することはできないとしています(新ガイドラインにもこの猶予期間は設けられており、それをフル活用した形になります)。SIM ロックの解除方法は、NTT ドコモが WEB(無料)、ドコモショップ(3,000 円)、電話窓口(3,000 円)。KDDI が、WEB(無料)と au ショップ(3,000 円)で申請する形となっています(括弧内の金額は解除にかかる手数料です)。詳細は各社の公式サイトをご確認ください。Source : NTT ドコモKDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
英国のHandtec、Clove、Amazon.co.ukで「BlackBerry Leap」の予約受付が開始
NTTレゾナント、格安スマホサービス「gooのスマホ」を提供開始
Huawei、5インチミッドレンジモデル「Huawei P8 Lite」をドイツで発表、5月中旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP