体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

読書とは投資活動そのもの。人生において勉強をし続けるべき「10の理由」

150227_trigger-phrase-vol-62 本田直之

本田 直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長

一年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなど旅しながら仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。明治大学商学部産業経営学科卒業。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校経営学修士(MBA)。(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。著書には、ベストセラーとなったレバレッジシリーズ(東洋経済新報社)、『LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた』(ダイヤモンド社)、『ゆるい生き方 〜ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣〜』(大和書房)、『本田直之のハワイを極める50の法則』(エイ出版社) など、累計250万部を超える。

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。

今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.6では「インプットのための言葉」から、自分に投資(=読書、勉強など)するためのトリガー・フレーズをピックアップ。

大切なのは、必要なことを、いかに効率よく、継続してやるか。

01.

年収UPしたければ
働くより勉強せよ

triggerphrase

時間が許す限り仕事に打ち込むより、忙しくても時間を捻出して効率よく仕事のために勉強をしたほうが年収UPにつながる。ひたすら働き続けるより、ノウハウや情報を踏まえた仕事術を身に付けることのほうが、将来の自分のためにもなる。ビジネスで成功している人は、例外なく勉強を続けている。

02.

勉強は大人になってからやったほうが、
レバレッジがきく

学生時代に十分やったからといって、勉強をやめてはいけない。もちろん、これからやるのはテストや受験のための勉強ではなく、大人に成ってからやるべき勉強。本を呼んだり人と話したりして、ノウハウを得るのが大人の勉強だ。テレビやインターネットで社会情勢を知ることも勉強になる。勉強で得たノウハウや情報は、すぐ仕事に活かせる。大人になってから勉強したことは、レバレッジがかかって2倍、3倍のリターンを生む。

03.

勉強そのものより
いかに勉強するか
その仕組みづくりが大切だ

triggerphrase

その気になれば、勉強は際限なくできるものだが、時間には限りがある。限られた時間で勉強の成果を出すには、効率の良い仕組みが必要。方向性を持たずに始めるのではなく、手抜きをして成果を得られる仕組みを練ってから勉強しよう。効果的に勉強できるかどうかは、良い仕組みがつくれるかどうかにかかっているのだ。

04.

物事を素直に「聞けること」は
知識以上のものを得るための
重要なスキルである

triggerphrase
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。