ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題作が目白押し!4月下旬公開の映画を、13本おさらい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月下旬も話題作、注目作が続々と公開されています!見逃さないためにもう一度チェック!

01.
ド派手なカーチェイスが痛快!
『ワイルド・スピード SKY MISSION』

人気カーアクションシリーズの7作目!「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督を務め、ヴィン・ディーゼル、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲスら豪華俳優陣が躍動する。また本作の撮影中に急逝したポール・ウォーカーの最後の雄姿も見られる。

あらすじ:前作でオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を壊滅させたドミニクの元に、オーウェンの兄イアンから電話がかかってくる。それはドミニクの仲間の殺害を告げるものだった。そして互いに復讐心を燃やすイアンとドミニクらの激闘が始まる・・・。

02.
文学と映画の鬼才がコラボ
ポップアート好きは見逃せない!
『インヒアレント・ヴァイス』

60′s、ハードボイルド、サイケデリック。どれかにピンと来たら絶対チェック!生ける伝説となりつつあるアメリカの作家トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』を、ポール・トーマス・アンダーソン監督が映画化した作品。主演を務めたホアキン・フェニックスは、『マスター』に続いてアンダーソン監督と2度目のタッグを組んだ。

あらすじ:1970年代のロサンゼルス。マリファナで飛びまくりのヒッピー探偵ドックは、元カノのシャスタから、彼女の愛人である不動産王ウルフマンの悪事を暴いて欲しいと依頼される。だがドックが調査を開始すると同時に、ウルフマンもシャスタも姿を眩ませてしまう。そしてドックはやがて、国際麻薬組織の陰謀へと巻き込まれていく・・・。

 03.
最高のミュージカルが映画化!
『ラスト5イヤーズ』

マンハッタンで大ヒットを記録した同名ミュージカルを、リチャード・ラグラベネーズ監督が映画化した作品。主演はアナ・ケンドリックとジェレミー・ジョーダン。

あらすじ:ブロードウェイを夢見る女優の卵キャシーと、小説家を目指すジェイミーは、激しい恋に落ちて結婚する。だが、ジェイミーが小説家として成功する一方で、キャシーのキャリアは伸び悩み、やがて2人の心はすれ違うようになっていく・・・。

04.
セリフなし、字幕なしの衝撃作!
耳の聴こえない少年少女の青春を描く
『ザ・トライブ』

2014年カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ含む3賞受賞、各国の映画祭で30以上の賞を受賞した話題の作品。台詞や音楽は一切なく、字幕も吹き替えも存在しない。演者すべてが聴覚障がい者であり、全篇手話のみで構成されている。観客は想像力をフル回転させてスクリーンと向き合うが、いつの間にか彼らを理解していることに気付く。

あらすじ:耳の不自由な青年セルゲイは聾学校に入学する。一見、普通の寄宿学校だが、裏には麻薬、売春などを生業にしている暴力組織「トライブ(族)」が存在していた。徐々にグループへと引き込まれていくなか、リーダーの愛人アナを愛するようになる。彼女にとってはお金が全てだが、セルゲイと接することで、徐々に心に葛藤が生まれていく・・・。

05.
映画と音楽の重鎮がタッグを組む
『デュラン・デュラン:アンステージド』

映画界の鬼才デヴィッド・リンチが、人気ベテランバンド、デュラン・デュランのライブを映像化した作品。今作は、音楽アーティストと映画監督のコラボレーションによるライブ映像『アンステージド』シリーズの1作。

あらすじ:2011年3月23日に行われたデュラン・デュランの『All You Need is Now』ツアーの模様を、映画界の鬼才デヴィッド・リンチ監督が記録。当日は、マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、ゴシップのベス・ディットー、マーク・ロンソンなどスペシャルゲストも参加し、夢の共演が繰り広げられた。

06.
チェチェンが舞台の感動ドラマ
『あの日の声を探して』

アカデミー作品賞を獲得した「アーティスト」のミシェル・アザナビシウス監督が、戦争で両親と声を失った少年の姿を描くヒューマンドラマ。「アーティスト」に続き、今作も監督の妻ベレニス・ベジョがヒロインを務める。

あらすじ:1999年、ロシア軍に侵略されるチェチェン。9歳の少年ハジは、両親を目の前で殺されたショックで声を失う。生き延びたハジは、幼い弟を見知らぬ人の家に置き去りにし、1人放浪を続け、やがてフランスから来た調査職員のキャロルと出会う・・・。

07.
ディズニー作品が実写化!
『シンデレラ』

誰もが知るシンデレラのおとぎ話をディズニーが実写化した作品。監督はケネス・ブラナー。リリー・ジェームズがシンデレラ役、ケイト・ブランシェットが継母役を務めた。

あらすじ:両親を失ってみなしごとなったエラは、父の後妻である継母とその連れ子たちに召使のようなひどい扱いを受けていた。ある日耐えられなくなって家を飛び出したエラは、森の中で青年キットと出会う。心を通い合わせる2人だったが、キットは実は身分を隠した王子だった・・・

08.
話題作の第2部
『寄生獣 完結編』

岩明均の人気漫画を実写化した作品の第2部。監督は山崎貴、出演は主演の染谷将太を筆頭に、阿部サダヲ、深津絵里、大森南朋ら実力派が顔を揃えた。第1弾の再現度の高さは、ファンからの評価も高かった。

あらすじ:右手に寄生生物「ミギー」を宿した高校生、泉新一の暮らす東福山市では、広川市長を中心とする一大パラサイトネットワークが形成されていた。一方で、パラサイト撲滅を目指す人間側は、特殊部隊を結成して奇襲作戦を企画していた・・・。

09.
ADHDの息子と、母親の絆
『Mommy マミー』

カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞したカナダの気鋭監督グザヴィエ・ドランによる話題作。出演は、アンヌ・ドルヴァル、スザンヌ・クレマン、アントワン=オリヴィエ・ピロンら。

あらすじ:2015年、カナダで選挙により新政権が誕生。その2か月後に、政府は公共医療改革を目的とした法案を通過させる。中でも議論を呼んだのがS-14法案だった。これは、発達障がい(ADHD)のある子供の親が、経済的・精神的に困窮した場合に、法的手続きを経ず育児放棄して子どもを施設に入院させることを許可するものだった。

このスキャンダラスな法律により、ダイアン・デュプレーの運命は大きく変わっていく・・・。

10.
スーダン内戦の実話が映画化!
『グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜』

80年代のスーダン内戦で家族を奪われ難民となった「ロストボーイズ」たちを、全米各地へ移住させた実話に基づくヒューマンドラマ。監督はカナダ出身のフィリップ・ファラルドー。主演はアカデミー賞女優のリース・ウィザースプーン。

あらすじ:カンザスシティーの職業安定所で働くキャリーは、アフリカから到着した3人の若者を空港に迎えに行く。彼らはスーダン内戦で両親を亡くした「ロストボーイズ」と呼ばれる難民たちだ。アメリカの生活様式をまったく知らない若者たちに戸惑いを隠せないキャリーだったが、彼らの成長を見守る内に、次第に友情が芽生え始める・・・。

11.
若くして死んだ伝説のギタリスト
『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』

ニューヨーク・ドールズやザ・ハートブレイカーズのギタリストとしてニューヨークパンク全盛期を牽引し、37歳で夭折したミュージシャン、ジョニー・サンダースの生涯に迫るドキュメンタリー。監督はスペイン出身のダニー・ガルシア。

あらすじ:ニューヨーク・ドールズやザ・ハートブレイカーズのギタリストとして、ニューヨークパンクを代表する存在となったジョニー・サンダース。旧友やバンドメンバー、プロデューサーのマルコム・マクラーレンらが、37歳で夭折した伝説的ギタリストの魅力を語り尽くす。

12.
盲目の男女の恋物語
『イマジン』

ポルトガルの古都リスボンを舞台に盲目の男女の恋を描いたラブストーリー。監督は、ポーランドの新鋭アンジェイ・ヤキモフスキ。

あらすじ:リスボンの視覚障碍者のための診療所に、インストラクターのイアンがやってくる。彼は「反響定位」の方法を使うことにより、白い杖なしで外を歩き回ることができる。子どもたちの間で人気を集める彼に、引きこもりがちだったエヴァも次第に魅かれていくが・・・。

13.
食産業の真相に迫る!
『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』

3児の父であるジェレミー・セイファート監督が、子どもたちの食の安全を守るべく、遺伝子組み換え食物の真実に迫るドキュメンタリー。アニメなども交えて遺伝子組み換えを分かり易く解説していき、食産業に関する驚くべき真相を明らかにしていく。

あらすじ:3人の子どもを持ったことにより、「食」について真剣に考えるようになったジェレミー・セイファート監督。彼は種が大好きな長男の影響もあり、「遺伝子組み換え生物」に興味を抱き、家族と共に遺伝子組み換え技術の謎を解く旅に出る・・・。

Top photo by Leo Hidalgo

関連記事リンク(外部サイト)

4月上旬公開の話題作!見逃せない映画作品「12選」
コレだけは観ておこう!3月劇場公開されているオススメ映画を10作品おさらい!
アウトローのロマンと哀愁が漂う。映画史に残る傑作「犯罪映画」6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP