体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題作が目白押し!4月下旬公開の映画を、13本おさらい!

april-cinema-2-1

4月下旬も話題作、注目作が続々と公開されています!見逃さないためにもう一度チェック!

01.
ド派手なカーチェイスが痛快!
『ワイルド・スピード SKY MISSION』

人気カーアクションシリーズの7作目!「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督を務め、ヴィン・ディーゼル、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲスら豪華俳優陣が躍動する。また本作の撮影中に急逝したポール・ウォーカーの最後の雄姿も見られる。

あらすじ:前作でオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を壊滅させたドミニクの元に、オーウェンの兄イアンから電話がかかってくる。それはドミニクの仲間の殺害を告げるものだった。そして互いに復讐心を燃やすイアンとドミニクらの激闘が始まる・・・。

02.
文学と映画の鬼才がコラボ
ポップアート好きは見逃せない!
『インヒアレント・ヴァイス』

60′s、ハードボイルド、サイケデリック。どれかにピンと来たら絶対チェック!生ける伝説となりつつあるアメリカの作家トマス・ピンチョンの小説『LAヴァイス』を、ポール・トーマス・アンダーソン監督が映画化した作品。主演を務めたホアキン・フェニックスは、『マスター』に続いてアンダーソン監督と2度目のタッグを組んだ。

あらすじ:1970年代のロサンゼルス。マリファナで飛びまくりのヒッピー探偵ドックは、元カノのシャスタから、彼女の愛人である不動産王ウルフマンの悪事を暴いて欲しいと依頼される。だがドックが調査を開始すると同時に、ウルフマンもシャスタも姿を眩ませてしまう。そしてドックはやがて、国際麻薬組織の陰謀へと巻き込まれていく・・・。

 03.
最高のミュージカルが映画化!
『ラスト5イヤーズ』

マンハッタンで大ヒットを記録した同名ミュージカルを、リチャード・ラグラベネーズ監督が映画化した作品。主演はアナ・ケンドリックとジェレミー・ジョーダン。

あらすじ:ブロードウェイを夢見る女優の卵キャシーと、小説家を目指すジェイミーは、激しい恋に落ちて結婚する。だが、ジェイミーが小説家として成功する一方で、キャシーのキャリアは伸び悩み、やがて2人の心はすれ違うようになっていく・・・。

04.
セリフなし、字幕なしの衝撃作!
耳の聴こえない少年少女の青春を描く
『ザ・トライブ』

2014年カンヌ国際映画祭批評家週間グランプリ含む3賞受賞、各国の映画祭で30以上の賞を受賞した話題の作品。台詞や音楽は一切なく、字幕も吹き替えも存在しない。演者すべてが聴覚障がい者であり、全篇手話のみで構成されている。観客は想像力をフル回転させてスクリーンと向き合うが、いつの間にか彼らを理解していることに気付く。

あらすじ:耳の不自由な青年セルゲイは聾学校に入学する。一見、普通の寄宿学校だが、裏には麻薬、売春などを生業にしている暴力組織「トライブ(族)」が存在していた。徐々にグループへと引き込まれていくなか、リーダーの愛人アナを愛するようになる。彼女にとってはお金が全てだが、セルゲイと接することで、徐々に心に葛藤が生まれていく・・・。

05.
映画と音楽の重鎮がタッグを組む
『デュラン・デュラン:アンステージド』

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。