ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3,000日間、1人旅をして学んだ。「誰も教えてくれない、人生に大切な29のコト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅は素晴らしい。どんな分厚い物語を読むより、わくわくする景色を見せてくれる。そして、どんなに長生きするより多くの経験を得られるもの。

今回は、Fluent in 3 monthsに掲載された「8年間世界を旅して学んだ、29のライフレッスン」という記事を、実際に旅をしていた著者のベニー・ルース氏から特別に許諾を頂き、ご紹介していきます。

8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界を飛び回った彼が、多くの人々と出会い感じたこと、そこから学んだこととは?

彼が旅で学んだことには、人生にとっても大切なライフレッスンが詰まっていました。

 

01.
世界中の誰もが
同じものを求めていた

文化や話す言語が異なる世界でも、人々が求めているものはほとんど同じでした。世界中の誰もが、平和、愛、安心、楽しみ、将来への希望を欲しがっていたのです。

表面的な部分を 超えて内面に目を向ければ、世界中の誰とでも通じ合うことができます。

02.
幸せをゼッタイに
先送りしてはいけない

多くの人が、長年努力や苦労を続ければ「すべてうまくいく」と思っています。でもそれは幻想です。1つのことを達成して、幸せがずっと続くなんてことはありえないと思います。その代わりに、人間は今あるもので幸せになることができます。

もしあなたが人生をかけて、大きな夢に長年取り組んでいるとしたら、それが終わったときのあっけなさも大きいでしょう。今を生きて、人生をもっと楽しみましょう。

03.
運勢を信じちゃだめ
人生を決めるのは自分

多くの人が、運勢についておかしな考えをもっています。自分の都合が良いように、宝くじが当たる、次は成功する、 私にだけ白馬の王子様が現れるなどと思っています。でもそれは幻想です。私は信じません。

もちろん、強く願うことで上手くいくこともあるのかもしれませんが、そうしながらも、地に足をつけて、具体的な行動をするべきではないでしょうか。

神様や宇宙はあなたに何もしてくれません。人生のオーナーはあなた自身。あなたが、あなたをどのようにするかを決めるのです。

04.
何も決まっているわけではない
運命は自分で変えられる

運命という言葉は、人生で何もしなかった人の言い訳です。そんなものは存在しません。

あなたの限界は、あなたの生まれた場所や遺伝子、お金、年齢、過去の経歴に決められるわけではありません。固い決意さえ持っていれば、この世に溢れているたくさんのチャンスに巡りあうことができるのです。

05.
考えが違う人との出会いが
自分を成長させてくれる

僕の信念は、自分と違う考えの人に出会ったら、彼らを変えようとしたり、嫌うのではなく、仲よくするということです。あなたにとって「正しい世界」に住んでいない人を説得する義務を感じる必要はありません。自分が間違っているかもしれないと思うことも大切です。

もし全員が同じ考えだったら世界はとてもつまらない場所になるでしょう。世界には異なる趣味や考えの人がいるから、こんなにも楽しいのです。

私は旅を通して考え方が全く正反対の人と友人になったことで、人生がより豊かになりました。自分を肯定してくれる人だけを選んで過ごしていては、成長することは決してできません。

06.
良い人生を送ることが
一番の説得方法

もっともらしい言葉を使うよりも、あなたの生き方が一番の説得力になります。情熱や意思を行動で示すことで、信頼され、味方が増えていくものです。口先ばかりで行動が伴っていない、説得力がない人間にならないようにしましょう。

07.
表面だけではわからない
誰でも悩みを抱えている

人間誰もが、何かしら悩みを抱えながら生きています。うまく生きているように見える成功者やお金持ち、前向きな友人だって、実は勇気の仮面をかぶっているだけです。彼らが陰でどれだけ悩み頑張っているか、あなたは知らないかもしれません。

だから、表面だけを見て「楽して上手くやっている」などと判断して、羨ましがってはいけません。

08.
「知らない」ということは
恥ずかしいことではない

世界には知らないことが山ほどあります。そこで、話を合わせて知ったかぶりをしても、後で惨めな思いをするのは自分です。知らないことは、素直に教えてもらうようにしましょう。正直でいた方が、多くを学べて自分を成長させることにつながるのです。

09.
お金が少し増えても
幸せにはなれない

世界には、何もないようなところで生活しているのに人生を謳歌している人がたくさんいます。

一方で、お金を手にしても心が豊かでない人もたくさんいるのです。素晴らしい人生を送るのに、お金は大きな意味を持ちません。

900万円が幸福のピークだと、ハーバード・ビジネス・スクールの研究結果も出ています。お金を持つことは私たちが思っているほど、幸福には繋がらないということが分かりました。

10.
モノへの欲求が
あなたを支配する

なぜ人は高価なものを欲するのでしょうか?本当に必要なものでない場合、ただ他の人に認められたい見栄のためだということに気が付いて下さい。

これが欲しい、という欲求は、あなたの人生を支配します。高級な家や家具は、あなたを一つの場所に縛り付けます。そして、もっと稼がなけらばならないという焦りを与えます。所有物は、あなたの人生を豊かにはしてくれません。

11.
時間の無駄使い
テレビの偏った情報に注意

情報の選択肢があるにもかかわらず、人はテレビを通して限られた情報のみを目にします。時に偏った情報で、人間が反社会的になることを促進します。

さらに、有効に使える自由な時間を奪い、人とのコミュニケーションも希薄にしてしまいます。一人でただスクリーンを見ることは、あなたの人生を少しも豊かにしません。

12.
インターネットの使い過ぎは
現実世界を見失わせる

テレビと違い、インターネットでは人との交流ができ、情報も選択できます。世界中で繋がれるので、もしそれがなかったら、僕の8年間の旅は困難なものになったでしょう。

とはいえ、インターネットを使いすぎると、本当の人生を見失ってしまうことになります。現実世界から逃げるために使ってはいけません。使用する時間を決めて、美しい現実世界に目を向けましょう!

13.
人とのつながりが
人生を豊かにしてくれる

価値のある世界は、本やテレビ、コンピュータの世界にあるわけではありません。実在する人間から得られるものです。大切な人ときちんと向き合いましょう。そしてもっと外に出て、新しい人に出会いましょう。

14.
世界を広げるために
言語力は不可欠

世界を旅しているとき、同じ言語の仲間を見つけ安心していませんか?それでは現地の文化を理解できず、世界を広げることもできません。言語は、「誰」でも「いつから」でも学べるものです。言い訳は無用です。

15.
時代は変化している
古い固定観念は捨てるべき

世界中のどの国も現代化してきています。常にそこに住む人々は変化しています。アイルランド人全員が酒に強いわけではないし、ブラジル人全員がサンバを踊ってサッカーをするわけでもない。この国の人はこういう性格だという昔の常識も、現代では通用しません。無知な固定概念は捨てて、違いを尊敬し、変化を楽しみましょう。

16.
たまにはゆっくり深呼吸
時間を感じよう

ゆったりとした国民性の国に住んでみて、彼らは人生をじっくり謳歌しているように思えました。すべてのことを素早くやり終える国や人々は、その分質も悪いように感じます。

食べ物を一口ずつ楽しみ、ゆっくり歩いて周りのものをながめ、他の人が話し終わるのを集中して聞いて、たまには立ち止まり、目を閉じて深呼吸しましょう。

17.
価値観が違うから
全員を喜ばせるのは無理

あなたが喜ぶことを他人が同じように喜ぶとも限りません。だから、あなたの意見が周囲と違っても、それを曲げる必要はありません。人と人とは違って当然だということを忘れないようにしましょう。

18.
流行を追う必要はない
そのままの自分が一番

周囲からプレッシャーを感じるのは、ありのままの自分でいることを恐れているからです。自分ではない誰かになろうとして、流行を追っても仕方ありません。本当に自分が好きなものを貫き通すほうが、ずっとかっこよいのです。

19.
成功への第一歩
失敗は大切

人は成功から学ぶことより、失敗から学ぶことの方が多いものです。そして、その失敗は必ず成功への足掛かりになります。失敗を恐れて立ち止まらずに、前に進みましょう。

20.
いつか後悔しないように
日焼け止めを塗ろう

男性は特に忘れがちですが、とにかく皮膚を守るのは大切。後でいろいろ後悔するはずです。

21.
考えすぎはやめて
まずは行動しよう

人は、行動するに値することかどうかを考え躊躇してしまいます。でも、行動してみなければその価値だって分かりません。僕がこの旅で、こんなにもたくさんのことを成し遂げてきたのは、それをやるべきかどうか考える前に、行動に移してきたからです。

22.
世界共通のコミュニケーション
いつでも歌とダンスを

歌とダンスは、世界共通のコミュニケーションツール!自己表現の最大のかたちでもあります。だから、言葉が通じなくたって陽気に歌って踊ることが大切。それに、とっても良い気分になれるものです。

23.
新しい友達作り以上に大切
今いる友達に感謝しよう

僕は8年間の旅の間、ずっと1人だったので、SNS上で友達を作っていました。それはフレンドリーな人であれば、誰でもできることです。

もし家族、仕事、学校、コミュニティの仲間に囲まれているのに、新しい出会いがないと嘆く人がいたら、顔にビンタ をして目を覚まさせてあげたいです。今いる友達にこそ感謝することが大切だと思うのです。

24.
本当に大切なものは
なくして初めて気付く

僕は宿泊費が払えず、岩の上で寝たことがありますが、それからはベッドやソファに感謝するようになりました。2週間、耳が感染病にかかり聞こえなくなったこともありますが、それが戻って以来、周囲の音や友達の声が聞こえることに感謝しています。

それなしで過ごしたことがあるから、初めて大切さがわかったのです。当たり前の存在など、何もありません。

離れている家族には、会うたびにハグをして、愛していると伝えています。友達と過ごす時間は、1分1秒を大切にしています。人生は短すぎます。大事なものをなくした時、その物やその人との過ごした時間について、僕は後悔したくないのです。

25.
時にはプライドを捨て
謝ることも大事

すべてに勝とうと思ってはいけません。相手との関係を良好にするために、プライドを捨て、ごめんと最初に言った方が良いこともあります。相手が動くのを待つのではなく、自分から動きましょう。

26.
自慢のための努力より
本当にやりたいことをしよう

どんな会社に入ったか、何か国語しゃべれるか、誰と知り合いか。それを周囲に自慢し、尊敬されたいがために努力しているのなら、それは馬鹿らしいことです。本当に魅力ある人は、自慢もせず、ただ好きなことに向かって情熱を注いでいる人です。

世間体のためではなく、自分のために努力しましょう。

27.
寂しさを感じるのは
あなただけではない

よく、一人で旅をしていてさみしくないかと聞かれます。簡単に言えばノーです。僕は今より、同じような毎日を過ごす大学時代の方が寂しいと感じていました。世界には、この“寂しさ”を持っている人が本当にたくさんいることを知りました。人に囲まれていても孤独を感じるのです。

私はそういった人と沢山話をして、そんな風に感じているのが自分だけではないことを知り、元気づけられました。寂しさを感じていても、あなたは一人ではありません。

28、
「愛がすべて」ではない
しかし、無ければ人生は虚しい

生きていくのに愛は必要ありません。でも、愛がない人生は心にぽっかりと大きな穴があいたようなものです。家族や友達、恋人を、心から愛しましょう。それを忘れて人生が過ぎ、自分のやりたいことをやり終えた時、残りの時間はとても空虚なものになってしまいます。

29.
真実を知るためには
経験しなくてはいけない

大学時代、僕はすべてを分かっているつもりでした。大事なことはすべて本の中や学校の授業にあると思っていたし、パソコンやスマホを見て世界中の情報を知っている気でいました。

でもそれは違います。経験こそが、一番偉大な教師なのです。私は、人生で本当に大切なことは白黒つけるのが難しいということを知りました。あなたも、受動的に世界に触れるのではなく、自分の本当の人生を歩み始めましょう。

Licensed material used with permission by Fluent in 3 months

関連記事リンク(外部サイト)

あなたとは、ココが違います!クリエイティブな人に共通する「13の特徴」
新生活でスタートダッシュを切るために、今すぐやっておくべき「14のコト」
「本気で叱ってくれる人を、大切にしなさい」。余命半年の教授、「最後の講義」に世界中が泣いた・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP