ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

井村屋のあんまん 東は「こしあん」西は「つぶあん」が主流

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1896年、小さな和菓子店から始まった『井村屋』は、今やゆで小豆のトップシェアとなった。同社のあんこ使用率は、つぶあんが75%、こしあんが25%と、つぶあんが優勢だ。井村屋グループ経営戦略部 事業戦略チームの尾崎弘二さんはこう説明する。

「うちのあんまんの中身は、東と西で異なり、東はこしあん、西はつぶあんが主流です。東海圏では『ゆであずき』の缶詰がよく売れて、特に名古屋ではレギュラー缶を大量に常備して小倉トーストなどに使う家庭も」

 ちなみに、もっとも売れているのは、ぜんざい4杯分のゆで小豆が入った「ゆであずき 特4号缶430g」(356円)だそうだ。

※女性セブン2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
つぶあんvsこしあん556人調査 つぶあんが優勢で鯛焼きが2位
こしあん派 落合務シェフ、安田美沙子、芝田山親方の好物紹介
社外秘漏洩騒動の井村屋 日本刀鍛錬実演時にあずきバー配る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP