体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

対応MVNO拡大中!増える格安SIMの即日開通カウンター

対応MVNO拡大中!増える格安SIMの即日開通カウンターMVNOのSIMサービスも徐々に浸透し、従来、オンラインで行っていた申し込みや購入が、最近では家電量販店やスーパーなどにある専用カウンターからできるようになってきました。店頭申し込みができることで、大手通信事業者同様に契約したその場で使い始められるため、これまで以上に利用までのハードルを下げてくれます。そこで、店頭で即日SIMカードの受け取りができるMVNOを紹介。
 

BIC SIM
IIJがビックカメラ向けに提供している「BIC SIM」。こちらの申し込みはビックカメラ店頭で行えます。音声通話の可能な「みおふぉん」の受け付けと即日開通が可能。また、他事業者からのMNP受け付けも行っています。

BIC SIMはビックカメラだけでなく、ソフマップやコジマといった系列店でも取り扱っています。取り扱い店舗を順調に増やしているとともに、ニーズの拡大をうけ旗艦店である有楽町店では受け付けカウンターを増やしました。

家電量販店ということもあり、多彩な端末の品揃えや、専門知識を有する販売員による対応などが行えるため強みを生かした販売を行っています。

・カウンター設置店舗数 12店舗

東京

ビックカメラ単独店舗:有楽町店、新宿西口店、池袋本店、渋谷東口店
ソフマップ単独店舗:秋葉原本館
統合店舗:ビックロ新宿東口店

神奈川

ビックカメラ単独店舗:ラゾーナ川崎店
統合店舗:ビックカメラ×コジマ梶ヶ谷店

愛知

ビックカメラ単独店舗:名古屋駅西店

京都

ビックカメラ単独店舗:JR京都駅店

大阪

ビックカメラ単独店舗:なんば店

福岡

ビックカメラ単独店舗:天神2号館

 

ゲオ
ゲオはOCNと協業し、OCN モバイル ONEを扱っています。昨年12月よりテスト販売的にアキバ店でのみ、店頭におけるSIM即日発行を開始し、4月3日にゲオモバイルの旗艦店となる渋谷センター街店をオープン。第一四半期中に福岡博多口店、大阪日本橋店、札幌狸小路4丁目店、名古屋大須新天地通店を開店させ、夏までに10店舗への拡大を目標に掲げています。

ゲオは、単にSIMカードの販売代理店としてではなく、契約者に対して月100円の割引クーポンを提供するなど、協業することによりお得感を全面に打ち出しています。

専門の販売員も用意されるため、疑問点や料金プラン等の相談対応も可能。これまでMVNOの弱点とされていたきめ細やかな対応というものが、両社のストロングポイントを合わせることで解消できたのではないでしょうか。

・カウンター設置店舗数 2店舗

東京

アキバ店、渋谷センター街店

 

楽天
楽天も店頭にてSIMの即日発行を行っています。渋谷にある「楽天カフェ」というカフェの一角にカウンターを用意。他の事業者が店舗に併設といった形をとっているのに対し、楽天はカフェの中にカウンターを設けています。楽天SIMの契約だけではなく、無料Wi-Fiや電源コンセント、携帯充電器なども用意されているため、その場でSIMを契約してゆったりくつろげる空間となっています。

 また、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である仙台の楽天Koboスタジアム宮城では、併設している楽天イーグルスグッズショップの一角に楽天モバイルのカウンターを設置。楽天ファンをスタジアムに呼ぶのと同時に、楽天SIMの魅力をその場で体験できるようになっているのも特徴のひとつといえます。

・カウンター設置店舗数 2店舗

東京

カフェ併設店舗:楽天カフェ 渋谷公園通り店

宮城

ショップ併設店舗:楽天イーグルスグッズショップ 仙台駅東口店

※上記の店舗に加え、二子玉川に楽天カフェが4/24にオープン。

 

U-NEXTストア
MVNO独自で専門店を開設する形態も増えてきました。U-NEXTが提供するU-mobileもその一つで、青山に独自ショップ「U-NEXTストア」を開設しました。SIMの即日発行に対応し、その場でSIMを受け取ってすぐに使い始めることができます。

 使い放題プランでその知名度を一気に上げたU-NEXTだけに、今後の店舗拡大に期待を寄せている人も少なくはないでしょう。

・カウンター設置店舗数 1店舗

東京

U-NEXTストア(南青山)

 

イオン
忘れてはいけないのが、スーパーやショッピングモールを手掛けるイオン。b-mobileと協業して980 円SIMを業界に先駆けて発売し、さらに昨年は「イオンスマホ」の販売を開始。格安スマホ・格安SIMの認知拡大に大きく貢献したことは記憶に新しいと思います。

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。