ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BBQに持参したい!技ありビール

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もう少しで、待ちに待ったゴールデンウィーク。気候がいい季節だけに、BBQやキャンプなど野外レジャーの計画を立てている人も多いのではないだろうか。青空の下で昼間から美味しいお肉とお酒。格別の一言につきる。

【もっと大きな画像や図表を見る】

最近では、道具だけでなく、食材までレンタルできるサービスも充実。手ぶらで行けるBBQ場も増えている。だが、だからこそセンスが問われるのがお酒選びだ。定番のビールや酎ハイ、ワインなどを準備するのはもちろんだが、参加者からはちょっと珍しいお酒も期待されている。とはいえ、昼間からあまり度数が高いお酒を揃えるもやや場違いな感がある。

そんなシーンに相性抜群なのが、「フレーバービール」。日本ではまだ馴染みが薄いが、欧米ではビールをレモネードで割った「ラドラー」や、ビールにベリー、ピーチ、コーヒーなどを加えた「ミックスビール」など、若年層を中心に浸透しているお酒だ。

「フレーバービール」が注目されている理由のひとつは、誰もが好むテイストにある。ベースがビールなので、ビール党も満足。でも、レモンなどで割っているので、苦みが少なくチューハイ党の舌にもピッタリ。さらには、フルーティーな味わいと炭酸の刺激が、ワイン党にも受け入れられるという、新感覚のお酒なのだ。

「そんなお酒、専門店じゃないと手に入らないのでは?」と思ってしまうかもしれないが、実は、キリンビールが大手メーカーとして初めて、フレーバービール市場に参入。コンビニやスーパーで手軽に買える「キリン フレビア レモン&ホップ」をセブン&アイグループにて先行発売している。

「キリン フレビア レモン&ホップ」は、商品名にあるように、レモンの風味とホップの爽やかな香りが特徴。相性を考えて、ホップはフルーティーな爽やかさが特徴のカスケードホップを、レモンはシチリア産を選定したという。

実際に飲むと、まずは口いっぱいにレモンの爽やかな風味と甘さが広がる。この甘さを引き立てているのが、ホップの爽やかな香りだ。しかし、苦みはなく、麦のコクや甘みといったビールの旨みが余韻として広がっていく。香り・ほのかな甘さ・キレのある後味が三位一体となったベストバランスは、まさに初体験の美味。これなら、ビール党も酎ハイ党も、ワイン党だって納得。さらに、オシャレなパッケージも相まって、女子ウケも抜群。

アルコール度数は3%と低めで、程よく飲みやすい300mlサイズということもあり、お酒が苦手な人でも、みんなと一緒に楽しめるのも嬉しい。泥酔して、せっかくのBBQなのに、お肉を焦がすなんて失態も防げそうだ。

また、BBQでの缶ビールやコップの転倒はありがちな光景だが、「キリン フレビア」はキャップ付きのボトルなので倒しても中身をこぼしてしまうことがない。それに、一気に飲めなくても冷やし直せるのも嬉しいポイントだ。

今年のBBQをより盛り上げてくれそうな「フレーバービール」。BBQを上手く仕切る男はポイントが高いというが、定番のお酒ラインナップに「キリン フレビア」を加えると、女子にも一目置かれるかもしれないぞ。
(R25編集部)

BBQに持参したい!技ありビールはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP