体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いつでも、どこでも、誰とでも」が広がる未来の可能性を子どもたちへ。KDDIのプログラミング教育支援への取り組み

コンピュータやインターネットの普及に伴い、アメリカのCode.orgやNPO団体などによる子ども向けのプログラミング教育推進に加えて、イギリス、フィンランド、シンガポールなどの国々が義務教育にもプログラミング教育の導入を検討するなど、基礎教育の一環としてプログラミングを位置付けていくことが世界的な潮流になりつつある。日本でも、2013年6月に発表された政府の成長戦略の中に、義務教育段階からのプログラミング教育等のIT教育を推進するという内容が明記されたことを受け、プログラミングを学ぶ子どもたちが増えてきた。

こうした動きの背景には、もちろん「産業育成のためのIT人材教育」という側面がある一方で、忘れてはいけないのが「プログラミング教育は子ども自身に何をもたらすのか」という視点だろう。2014年度、KDDIは、KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)卒業生でもあり、2011年から延べ8,000名以上の中・高校生が参加したプログラミングキャンプを運営してきたライフイズテック社と共に、東北中高生向けと聴覚障がい児の中高生向けに2つのプログラムを実施した。この取り組みを、KDDI総務部CSR・環境推進室長 鈴木裕子が、ライフイズテック株式会社 代表取締役の水野雄介氏と共に振り返る。

プログラミングを学ぶことは、選択の幅を広げること

鈴木:最初に少し私自身の思いについてお話しさせていただくと、東北中高生向けに実施した「東北イノベーターズプログラム」は、東北支援の一環として、被災者である東北の方向けに地元である東北で実施することにより、「東京に出なくても地元で仕事はできる」ということを知ってほしいというところからスタートしました。聴覚障がい児向けプログラムは、「聞こえない」というハンディキャップにより生じている情報格差を、ITで埋めることで、現状限定されている職種以外にも就業できる可能性を広げたかった、ということが原点にあります。

通信事業者であるKDDIにとって、被災者、障がい者という、社会的に弱い立場にいる人をどう支援できるのかを考えた時に、ネットワークとIT技術を使えば、いつでも、どこでも、誰とでも仕事ができる可能性が広がることを知っていただくことに意義があるのではないか、そして「未来の可能性を持っている子どもたちへのIT教育」を支援することで、アプリの開発やサービスの開発の楽しさを知ってもらい、将来の選択肢を広げたいと考えました。

そこで、KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)卒業生でもあるライフイズテック社(以下LiT)さんにご協力いただき実施したのがこのプログラムです。水野さんは、これまでにどんな思いで子ども向けのプログラミング・IT教育に取り組まれてきたのでしょうか?


ライフイズテック株式会社 代表取締役の水野雄介氏

水野:私たちが中高生対象にプログラミング・ITキャンプを実施してきたのは、それが21世紀を生きていくための最低限必要なスキルになる、という思いからです。プログラミングを学ぶことで、住んでいる場所や年齢、性別によらず、「個人で問題解決ができる」「世の中に発信できる」「問題を解決できるものを自分で作れる」という力を身に付けられると考えています。

人は、好きなことを仕事にした方が良いと思っています。そして、最近は、どんなことをするにも、ITやプログラミングは関わってきますから、ツールとして使えることで可能性が無限に広がります。そういう意味では英語に似ていますね。

鈴木:知ることで自分の引き出しが増え、できることも増える。プログラミングを学ぶことの良さは、私が求めていた様々な選択の幅が広がることだと思います。私がもし子どもの時にプログラミングを学んでいたら、人生が変わっていたかもしれないなと感じます。選べる自由がある方が、人としての幅も広がり、人生がより豊かになるだろうなと思います。

東北は希望に満ちている

鈴木:では早速、2つのプログラムについて振り返っていきたいと思います。まず「東北イノベーターズプログラム」については、「自分の町の課題を考え、それを解決するアプリをつくる」ということを目標に、2014年8月に2泊3日のキャンプを東北で行いました。その後、半年間にオンライン講座を5回実施し、先日、最終のプレゼンテーションがありました。足掛け半年間と、かなりの長丁場のプログラムとなりましたね。子供たちにとっては有意義な時間となったのではないかと思いますが、水野さんは、どのように感じられましたか?

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。