ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

罪悪感の少ない職場のお菓子選び

DATE:
  • ガジェット通信を≫


口寂しいとき、リフレッシュしたいとき、またちょっと小腹が空いたときなど、オフィスでお菓子を口にすることは多いハズ。通勤途中にコンビニを覗けば、多種多様なお菓子がズラリと並んでいる。そこで悩ましいのが、何を選ぶかということ。おいしそうなお菓子は総じてカロリーが高いこともあり、「味をとるか? ダイエットをとるか?」で目の前の誘惑と葛藤してしまう人も少なくないのでは?

【もっと大きな画像や図表を見る】

そこでぜひ注目してほしいのが、明治「果汁グミ」シリーズから新登場した「果汁グミ おいしく鉄分プルーンミックス」だ。フレッシュなプルーンの味わいをもとに、アセロラの酸味と、青リンゴの甘さとまろやかさをほどよくミックス。頬張るとフレッシュな風味が口に広がり、ひと噛みすればプルーンミックス果汁100(生果汁換算比)のジューシーで爽やかなおいしさがプルプルと弾ける!

一方、気になるカロリーは1袋(76g)で251kcal、1粒あたり約10kcalと低めなのがうれしい。「鉄分」が含まれているのもさらなるポイント。20~40代の女性(月経あり)の1日の鉄分摂取量は10.5mgが推奨されているのに対して、実際の摂取量は6.5mg(※)。20代の女性が1日に不足している4mgが、6粒で摂取できるというのだ。

ちなみに、かつて好評だった同シリーズの「果汁グミコラーゲンざくろ」も再発売されるとか。こちらは1袋に6000mgものコラーゲンを配合しており、ざくろの魅力を閉じ込めた味わいはもちろんのこと、健康や“見た目”にこだわりたい人のおやつにはうってつけだ。

おいしさに加え、健康を応援する“機能”にもしっかりこだわったお菓子なら、「味か? ダイエットか?」という二択で悩むことなく、“いいとこ取り”ができそうだ。とはいえ、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を!

※厚生労働省「平成 24 年度国民健康・栄養基礎調査」および「2015 年度日本人の食事摂取基準」より
(R25編集部)

罪悪感の少ない職場のお菓子選びはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP