体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!

アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
 「ベーコン・ウィーブ(Bacon Weave)」という単語をご存知だろうか。ベーコンを織物状に重ねたもので、これがベーコンの本場アメリカやカナダで美味しいと大変評判なのだ。「Bacon Weave」で動画を検索すると約26,100件がヒットし、そのどれもが作り方や食レポを伝えたものとなっている。

 ベーコンのすべてを紹介する「BACON WIKI」という体に悪そうなサイトによれば、この「ベーコン・ウィーブ」はジャンクフード専門のYouTube料理番組「Epic Meal Time」で約3年前に初めて紹介され、その後徐々に広まっていったらしい。

 そんなに絶品ならということで、体の8割がベーコンの栄養で構成されているといっても過言ではないベーコン中毒の筆者が、話題のベーコン・ウィーブ作りに挑戦してみた。なお作り方はYouTubeの料理番組「FOOD & WINE」を参考にした。

 用意する材料はベーコン6枚。まず、そのうちの3枚を並べて置き、真ん中の1枚の端を軽く折り返しておく。
アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
 今度は縦に、1枚ずつ組み合わせるようにして置いていく。
アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
 繰り返していくと、最終的にこんな形になる。
アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
 筆者が作業をしていると、猫が様子をうかがいにやってきた。記事的には面白い展開である。
アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
 猫の食欲をも刺激するベーコン・ウィーブに、筆者の期待もはちきれんばかりだ!
アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!
 猫が暴走し始めたので一旦退場してもらい、作業を再開する。この編み上げたシート状のベーコンを、本家の動画では「オーブンで400度・20分焼くとカリカリに仕上がる」と紹介されているが、あいにく我が家にオーブンはない。そこで電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンの3パターンで試してみることに。

 まずは電子レンジから。クックパッドを参考に、「上下をクッキングペーパーで挟んで皿に乗せて2分」を敢行した。

1 2 3次のページ
Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。