ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカで話題の「最強ベーコン」 電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンで作ってみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 「ベーコン・ウィーブ(Bacon Weave)」という単語をご存知だろうか。ベーコンを織物状に重ねたもので、これがベーコンの本場アメリカやカナダで美味しいと大変評判なのだ。「Bacon Weave」で動画を検索すると約26,100件がヒットし、そのどれもが作り方や食レポを伝えたものとなっている。

 ベーコンのすべてを紹介する「BACON WIKI」という体に悪そうなサイトによれば、この「ベーコン・ウィーブ」はジャンクフード専門のYouTube料理番組「Epic Meal Time」で約3年前に初めて紹介され、その後徐々に広まっていったらしい。

 そんなに絶品ならということで、体の8割がベーコンの栄養で構成されているといっても過言ではないベーコン中毒の筆者が、話題のベーコン・ウィーブ作りに挑戦してみた。なお作り方はYouTubeの料理番組「FOOD & WINE」を参考にした。

 用意する材料はベーコン6枚。まず、そのうちの3枚を並べて置き、真ん中の1枚の端を軽く折り返しておく。

 今度は縦に、1枚ずつ組み合わせるようにして置いていく。


 繰り返していくと、最終的にこんな形になる。

 筆者が作業をしていると、猫が様子をうかがいにやってきた。記事的には面白い展開である。

 猫の食欲をも刺激するベーコン・ウィーブに、筆者の期待もはちきれんばかりだ!

 猫が暴走し始めたので一旦退場してもらい、作業を再開する。この編み上げたシート状のベーコンを、本家の動画では「オーブンで400度・20分焼くとカリカリに仕上がる」と紹介されているが、あいにく我が家にオーブンはない。そこで電子レンジ・魚焼きグリル・フライパンの3パターンで試してみることに。

 まずは電子レンジから。クックパッドを参考に、「上下をクッキングペーパーで挟んで皿に乗せて2分」を敢行した。

 スイッチを入れると、レンジの中から断続的に「バチッ、バチバチッ!」と激しい音がし始め、たまらなく不安になる。しかし、天下のクックパッドさまの言うことだ。レシピに忠実に従うべく、鉄の意志で不安を押し込めてひたすら待つ。

 「チーン」という救いの音がしたので、早速取り出してみると、

 悪化した細胞のようなものができあがった。

 見栄えはよくないがしっかりとシート状にはなっていて、持ち上げても形が崩れないところが、いかにもベーコン・ウィーブという感じで頼もしい。

 とはいえ記事として画的によくないので、時間を短めにして再チャレンジ。今回は30秒で切り上げた。できあがったものがこちら。

 うーん……。見た目が寄生獣的な印象(とくに右上部分)ではあるが、先ほどよりは悪くない仕上がりである。

 続いて魚焼きグリル。アルミホイルで作った皿にベーコンを乗せ、様子を見ながら4、5分焼いてみる。

 これはとても美味しそう! ただし、レンジで調理したものに比べて形は若干崩れやすかった。

 最後はフライパンだ。油をたっぷり引いて、弱火でじっくり焼く。こちらも5分ほど。

 焼き上がったものをクッキングペーパーに乗せて冷ますとカリカリに仕上がるそうだ。しかし、これも崩れやすかった。

 本家動画では、ベーコンの上にベーキングラックを置いて焼いていた。重しのような役割を果たす道具を使えば、形がよりしっかり固定されるかもしれない。

 これで全部作り終えた。全ベーコンの集合画像がこちら。

 中央・下から時計回りに、フライパンVer.→電子レンジVer.→魚焼きグリルVer.→フライ

 パンでいつものように焼いたVer.→悪化した細胞に見える失敗作の順。

 いよいよ実食。一口ずつかじってみることにする。最初は、フライパンでいつものように焼いたベーコン(右上)から。

 美味しい。とても美味しい。ベーコン中毒の筆者は、調理の過程で食欲を刺激され続け、禁断症状が出始めていたが、この一口でひとまず震えが収まった。

 さあ、続いて待望のベーコン・ウィーブである。普通のベーコンとどう違うのか。まずはフライパンVer.から。

(なんだこれは!?)

 筆者に衝撃走る。単純に言って、どこをかじっても2枚に重ねたベーコンを口にするわけで、ベーコンの旨味も2倍である。これはクセになりそうだ。従来のベーコンに比べて、肉厚な歯ごたえがある点も食欲を増進する。ただし、カリカリ感が物足りなかった。もっと長めに焼いてもいいかもしれない。

 次に電子レンジVer.は形がしっかりしており、煎餅のようである。食べてみると、ベーコンの香りが口の中いっぱいに広がった。このまま1枚食べ尽くしたい気持ちを抑え、魚焼きグリルVer.に移行する。

 口にすると鼻から香りが抜け、ヨダレがどんどん出てきた。今回はグリルを汚すのが嫌でアルミホイルの皿を使ったが、皿を使わなければ油が下に落ちて、もっとさっぱりした仕上がりになるはずだ。香りは魚焼きグリルVer.がベストだったが、残念ながらカリカリ感を出すのには失敗した。もっと焼くべきだったようだ。

 最後に、レンジ調理で失敗してしまった、焦げたベーコン・ウィーブを。苦味を覚悟して口にするとサクッという歯ごたえがあり、旨味もジュワーッと広がった。油っぽさもなく、一番さっぱりと食べられる。もちろんベーコン・ウィーブならではの「2倍の旨味付き」である。

 この失敗ベーコンは唯一見た目だけが難点なので、のちほどBLTサンドの具材として(パンで挟んで隠して)食べることにした。

 今回の調理で学んだことは2点ある。

・結構やり過ぎなくらい焼いてもいい

・電子レンジ以外で作るなら、上から押さえつける重しが必要

 調理する際の参考にしていただきたい。

 いつものベーコンも、ひと手間加えて「ベーコン・ウィーブ」にすることで美味しさは2倍になるはずだ。興味を持たれた方はぜひ試してみてほしい。

(武藤弘樹)

■関連リンク
You’ve been making bacon sandwiches wrong this whole time – METRO
Bacon Weave: The Ultimate BLT Trick – YouTube
Bacon Weave – BACON wiki

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP