ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GO-BANG’Sの森若香織が小説家デビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GO-BANG’Sの森若香織が初の小説『妖精頭脳』を4月23日に発売!

GO-BANG’Sのヴォーカリストとしてデビュー以来、その類い稀なる作詞センスにおいても一目置かれる存在で、作詞家としても豊富なキャリアを誇る森若香織が、“言葉を操るプロの集大成”としてついに小説家デビューを果たすことになった。

本作は、3月にリリースされたGO-BANG’Sの20年ぶりとなるオリジナルアルバム『FAIRY BRAIN』とリンクしたストーリー展開で、森若は小説の執筆中に自らが綴った物語にインスパイアされ、小説のみならずアルバムまで生み出したのだという。

どこか不器用でまどろっこしく生きる20代、30代、40代の主人公それぞれの“探しもの”を、リズム感あふれる色彩感覚豊かな文体で綴ったストーリーは、まさに“アセるほどポップでファンタジック”な世界観に満ちており、その世界観を巧みに表現した装丁は、GO-BANG’Sのアートワークなどで知られるグラフィックデザイナーの染谷淳一が手がけている。

両作品に登場する“妖精”の正体は、愛なのか、音楽なのか、それとも……? 小説とアルバムがこれほど密接に連動している企画は、ひょっとしたら日本では初めての試みかもしれない。さらに電子書籍版には、デジタルならではのイマジカルな方法でアルバム『FAIRY BRAIN』のサウンドがBGMに取り入れられる予定。読んでから聴くか、聴いてから読むか。これまでにない、一粒で二度も三度もおいしいドッキング作品の登場だ。

5月10日(日)には、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIで本作発刊記念のミニライヴ&サイン会が実施されるほか、5月29日(金)には、渋谷WWWでGO-BANG’Sとしてのワンマンライヴ「FAIRY BRAIN NIGHT~『フェアリーブレイン&妖精頭脳』発売記念ワンマン・ライブ」が開催。各地でのキャンペーンも決定しているので、オフィシャルHPで詳細をチェックしてみよう。

小説『妖精頭脳』
2015年4月23日発売
¥1,400+税
発行元:(株)学研パブリッシング
判型・体裁:四六判・ソフトカバー・320頁

アルバム『FAIRY BRAIN』
発売中
SCLX-2026/¥1,800+税
<収録曲>
01.2winkle
02.サンキューパンキュー
03.ラブリーダイナソー
04.JoyEnjoy
05.ロックロマンス
06.Wheel of Fortune
07.Fairy Dance
※AmazonおよびiTunesでの取り扱い

「『妖精頭脳』発刊記念 GO-BANG’S森若香織 ミニライブ&サイン会 in TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」
5月10日(日) 東京 TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2Fイベントスペース
OPEN 12:45 START 13:00
詳細:http://top.tsite.jp/news/campaign/23156193/

「GO-BANG’Sオリジナルアルバム&小説リリース記念ライブ」
5月03日(日) 福岡 香椎浜イオンモール
5月06日(水) 神奈川 トレッサ綱島
5月16日(土) 神奈川 ダイナシティ小田原
※すべて観覧無料、会場で対象商品を買うとサイン会に参加可

「FAIRY BRAIN NIGHT~『フェアリーブレイン&妖精頭脳』発売記念ライブ~」
5月29日(金) 東京 渋谷WWW
OPEN 19:00 START 19:30
前売/当日:4,500円(スタンディング、ドリンク別、税込)
プレイガイド一般発売:4月25日(土)10:00~

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
森若香織 オフィシャルHP
今年で3回目を迎える『GBGB』の開催が迫る

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP