ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TaQが音楽監督を務める「THE SHAMAN」がトライベッカ国際映画祭ワールドプレミア上映に成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TaQが音楽監督として日本在住のオーストリア人監督マルコ・カランタリ氏とともに手掛ける国際共同制作プロジェクト「THE SHAMAN」が、現地時間4月18日夜、第13回トライベッカ国際映画祭(2015年4月15日〜26日米・ニューヨークにて開催)招待作品として、バッテリーパークにある映画館・リーガルシネマにてワールドプレミア上映を行った。

「THE SHAMAN」は、マルコ・カランタリ監督の構想のもと、アイスランドとオーストリアで撮影され、映画監督はオーストリアから、音楽監督であるTaQ及び録音オーケストラgaQdanは日本から、CG製作やキャストなどの全てはシンガポール、ウクライナ、フランス、セルビア、マレーシア、イギリス、アイスランド、ドイツ、オーストリアからと国際的に組織したチームにて約2年の歳月をかけて制作された作品。

本作は今回の全ノミネート作品中で唯一日本人の音楽監督を起用している作品となっており、受賞がおおいに期待されている。

ワールドプレミア当日の劇場鑑賞券は既に完売、満員御礼にて上映されたことからも、作品に対する期待度が高まっていることが感じられ、レッドカーペットでのインタビューは早速現地ニュースメディアで取り上げられている。

THE SHAMAN トレイラー
https://tribecafilm.com/stories/watch-the-shaman-trailer

映画情報
『THE SHAMAN』
監督:マルコ・カランタリ
音楽監督:TaQ
製作国:日本、オーストラリア、シンガポール、 ウクライナ、フランス、セルビア、マレーシア、イギリス、アイスランド、ドイツ
公式サイト:https://tribecafilm.com/filmguide/shaman-2015

関連リンク

THE SHAMAN オフィシャル・サイト:http://www.marcokalantari.com/shaman/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP