ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポール・マッカートニー、2年ぶり5回目のソロ単独来日公演で新曲世界初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月20日早朝に関西国際空港から妻ナンシーと共に日本入りしたポール。到着後、疲れも見せず最終の事前リハーサルに臨んだ。昨年の体調不良による無念の公演中止から約1年、「必ず日本に戻る」と公言していたポールだけに、遂にリベンジを果たすときがやってきた。

ツアー初日の4月21日京セラドーム大阪には、4万人のファンが詰めかけた。ポールは開演予定時刻より40分ほど遅れた午後7時10分にステージに登場。左手の握りこぶしを高々と上げて、観客の大歓声に応えた。2013年の来日公演では披露しなかったザ・ビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」で幕を開けた。最初のMCでは、「マイド、オーサカ! カエッテキタヨ!」「コンバン、マタ、ニホンゴ、ガンバリマス!」と、ユーモアあふれる日本語MCを披露し、観客から喝采を浴びた。

冒頭から激しいロック・ナンバーを立て続けに4曲に演奏するなど、ポールは快調そのもの。その後もビートルズ〜ウイングス〜ソロと、自身のキャリアを代表する名曲を次々と披露。また、日本でもゴールドディスクの大ヒットとなった2013年発表の最新アルバム「NEW」からは「セイヴ・アス」「NEW」「クイーニー・アイ」の3曲、さらにTVゲームのために書き下ろした現時点での最新曲「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」を世界初披露した。

今回も、全37曲中23曲がザ・ビートルズ楽曲という大満足のセットリスト。「ブラックバード」「レット・イット・ビー」「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」など、録音当時のオリジナルのキーのまま歌われる世紀の名曲の数々に、客席の中には感激のあまり涙ぐむ姿も見受けられた。

2回のアンコールが終わり、「マタアイマショウ、オオサカ! ホナマタ!」という言葉を残しステージを去ったポール。2時間45分に及ぶ長時間のライヴながら、72歳という年齢を感じさせないロック・スピリッツ溢れるエネルギッシュなパフォーマンスを全編にわたって繰り広げ、4万人の観客を圧倒した。“生ける音楽遺産”の歴史的公演に、ドーム中から鳴り止まない拍手と声援が送られた。

約半世紀ぶりとなる日本武道館公演を含む今回の来日公演は、全5公演で約20万人の動員を予定している。

撮影:渡邉一生

セットリスト
1. マジカル・ミステリー・ツアー(ビートルズ)
2. セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
3. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
4. ジェット(ウイングス)
5. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)
7. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
8. 1985年(ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(ビートルズ)
10. 恋することのもどかしさ(ソロ)
11. 夢の人(ビートルズ)
12. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
13. アナザー・デイ(ソロ)
14. ホープ・フォー・ザ・フューチャー(ソロ / 最新曲)
15. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
16. ブラックバード(ビートルズ)
17. ヒア・トゥデイ(ソロ)
18. NEW(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
19. クイーニー・アイ(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
20. レディ・マドンナ(ビートルズ)
21. オール・トゥゲザー・ナウ(ビートルズ)
22. ラヴリー・リタ(ビートルズ)
23. エリナー・リグビー(ビートルズ)
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
25. サムシング(ビートルズ)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
27. バンド・オン・ザ・ラン(ウイングス)
28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
29. レット・イット・ビー(ビートルズ)
30. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
31. ヘイ・ジュード(ビートルズ)
32. デイ・トリッパー(ビートルズ)
33. ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
34. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(ビートルズ)
35. イエスタデイ(ビートルズ)
36. ヘルター・スケルター(ビートルズ)
37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)

関連リンク

ポール・マッカートニー レーベルサイトhttp://um-llc.jp/paul/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP