ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤子・F・不二雄が食べていた新宿のつぶあんギッシリどらやき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 和菓子の定番「あんこ」。日本人に愛されるのはもちろん、多くの作家たちにインスピレーションを与えている。

 例えば、文學界随一のようかん通と呼ばれたのは、夏目漱石。《あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける具合は、どう見ても一個の美術品だ》(『草枕』より)。東京文京区本郷の藤むらのようかんといわれている。

 一方、森鴎外は饅頭茶漬けが大好きだったという。長女・森茉莉の著書『貧乏サヴァラン』で、鴎外が爪の白いきれいな手で割った饅頭をご飯にのせ、煎茶をかけてよく食べていたと紹介されている。

 向田邦子は水ようかんを愛した。《まず水羊羹の命は切口と角であります》(『眠る盃』より)と凛と佇む姿を水羊羹評論家という視点で分析。『菊家』の水ようかん(378円)を好んだ。

 ドラえもんの大好物としてもお馴染みのどらやき。作者の藤子・F・不二雄の好物でもある。新宿の「甘味喫茶 時屋」(東京都新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク1F)は、藤子スタジオが近くにあり、よくどらやきを買いに来ていた。大判の厚めの皮で、つぶあんもぎっしり。食べ応えも充分だ。

※女性セブン2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
10月14日は鉄道の日 どらやき、炒り豆など鉄道スイーツ登場
シフォンどら焼き、限定どら焼き、キャラメルどら焼きが登場
高さ47センチの6段巨大バーガー 価格は3990円から

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP