ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、プリペイド端末「Blade Q+」を4月24日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクがプリペイドプラン「シンプルスタイル」で利用できる初の LTE 対応スマートフォン「ZTE BLADE Q+」を 4 月 24 日に発売すると発表しました。Balde Q+ は ZTE 製の Android スマートフォンで、4.5 インチ 854 x 480 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載したエントリーモデル。プリペイド端末ではありますが、FDD-LTE と AXGP の 4G 通信に対応しています。また、1GB RAM、8GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 500 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,000mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、WCDMA(900 / 2100MHz)、FDD-LTE(900 / 1700 / 2100MHz)、AXGP 2600MHz に対応しています。シンプルスタイルは、事前に購入したプランの分だけ利用できるサービスなので、基本使用料はかかりません。提供プランは、2 日プラン(900 円)、7 日プラン(2,700 円)、30 日プラン(4,980 円)から選択できます。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
1shopmobileが「ZenFone 2(ZE551ML)」の4GB RAM+32GB ROMモデルの販売を開始
HTCの新デバイス「Think+ Touch OBU 2015」がNCCの認証を取得、車載端末“Cello”か?
HTC、HTC One M9 AT&Tモデルにカメラ画質の改善を含むソフトウェア・アップデート(1.32.x)を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。