ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

給湯器を1℃下げると月660円 暖房便座OFFで半年1600円節約

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 何かとお金が必要な春。それなのに食料品は値上げして、家計は苦しくなるばかり。そこで、この季節だからこそできる節約術を紹介します。

■暖房便座をオフ!

 東京電力によると、暖房便座はつまみを「低」にした場合でも、平均0.0148キロワット時の電力を消費。

「1日中つけっぱなしにした場合、およそ0.355キロワット時の消費となり、電気代に換算すると1か月で約276円。4~9月までの6か月間をスイッチオフにすると、約1600円も節約できる計算です」(節約アドバイザー・丸山晴美さん)

 暖かいシーズンは電源を完全にオフにしてしまおう。

■1℃下げれば660円

「給湯器の温度を1年中“固定温度”で使うのはムダです。温かい季節は1℃下げるだけで大きな節約になります」(丸山さん)

 東京ガスによると、4人家族の場合、毎日浴槽に200リットルのため、シャワーを1人10分使うと、給湯器の設定温度を1℃下げるだけで1か月で約660円の節約になる(浴槽、シャワーとも42℃から41℃に変更。水温13℃で試算)。

※女性セブン2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
冬の節電術 洗濯物と鍋で一石二鳥の保湿術と、エコ湯たんぽ
電気代 LED電球で490円、断熱シートで210円節約できる
エアコンの節電「微風」と「自動」「ドライ」 どれがお得か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP