ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイプ芸 余裕感出す加藤浩次、びっくり顔の片瀬那奈に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ番組を盛り上げることに一役買っているのが「ワイプ画面」だ。かつては矢口真里が「ワイプの女王」と呼ばれたが、今は「ワイプの新星」とも言うべき女優がいるというのだ。コラムニストのペリー荻野さんによる連載「ちゃんねる道中」の今回は、テレビの窓からこんにちは! ワイプ芸の達人列伝をお送りする。

 * * *
 情報番組やワイドショーで欠かせないのが、司会者やコメンテイターの「ワイプ画面」。メイン画面の横のあのちっちゃい小窓である。サイズ的にほとんど映される人の顔で占められてしまうこのワイプだが、油断してはいけない。よく見ると、思わず「うまい!」と言いたくなる技を見せるタレント、文化人がいる。

 もっとも手慣れた感じがするのが、『スッキリ!!』の加藤浩次。1年365日どこかでワイプに出ているような仕事ぶりである。この番組の白い四角のワイプに登場しても、「さすがですね~」「こんなカフェ、台湾にはあるよね」などと余裕たっぷり。他の出演者と気楽に話ながらリラックスムードを醸し出す。

 同じくいい感じを出しているのが、尾木ママ。たとえば『モーニングバード』でジャッキー・チェンの赤裸々な半生記出版の話題で、ひょっとしてジャッキーのイメージダウン?と心配な雰囲気が漂う中、尾木ママはにこにことワイプに登場。

「もうね、60歳超えてくると、ありのままでいいと思えてきちゃうのよ」、自身も63歳で尾木ママとなり「流れに身を任せて…ふふふふ」とフォロー。こどもたちだけでなく、61歳のジャッキーまでも優しく見守ってますよ目線のワイプなのであった。

 尾木ママのゆるモードとは対照的にかっちりしているのが『白熱ライブビビット』のコメンテイター、夜回り先生こと水谷修先生。黄色とピンクのビビットカラーのワイプ窓に水谷先生が映っただけで、どんな話題でも真剣モードに。この番組は、司会の真矢ミキもまだワイプに慣れていないせいか、あの小さなスペースで女優笑顔&カメラ目線になったりするので、ドキドキする。 

 一方、大ベテランの和田アキ子は、絶妙なワイプ技を見せる。30年続く『アッコにおまかせ!』は、和田と他の出演者のふたつ分のワイプがお約束。先日、大塚家具が久美子社長の指揮のもと、「大感謝セール」を開催という話題でも、ワイプの和田はふむふむと表情豊かだ。さらに「目玉は半額の家具」などと紹介されると即座に「半額!」、「クミコ社長の名前にちなんだ93万5000円のベッドは完売」と聞けば「完売!」と大きく口を動かし、無声で自身の反応を表現。視聴者は読唇術のごとく和田の感想をキャッチできる仕組みなのである。さすがだ。

 そして、今回朝の番組を中心にチェックして、私が勝手に「ワイプの新星」と認定したのが、『シューイチ』の片瀬那奈である。モデルデビュー後、歌手としても活躍、少し前までTBS『警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル』で女性刑事を演じていた片瀬だが、『シューイチ』では司会者にして好奇心旺盛なオトナ女子の代表である。その彼女のどこが新星なのかといえば、「インパクト抜群のびっくり顔」だ。

 もともとパッチリと目が大きく、ベースがお茶目びっくり系だが、興味のあるネタでは目を見張るため、さらにびっくり度がアップ。サンリオのマイメロディちゃんのカフェが大人気というネタでは、ワイプの片瀬の顔の真上に特製マイメロちゃんドーナツの顔があり、お目目パッチリ顔がWでこんにちは状態だった。『シューイチ』は4月12日関東地区視聴率が13.1%と好調をキープ。片瀬のびっくりワイプも多いに貢献している気がする。「えっ、私の力ですか!?」と、ぜひ、あの小窓の中でびっくりしてほしい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ワインの価格差大きい理由や「へえ~」なワイン薀蓄解説本
ヨン様がお忍びで堪能した10万円ワイン『オーパス・ワン』
家電通 今後期待するのは電子レンジで“ゆでる・煮る”機能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。