ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINEの既読スルーと未読スルー 使い分けることで相手に配慮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 LINEのメッセージを読んで、相手にも「既読」が伝わっているにもかかわらず返事をしないという「既読スルー」。その一方で、メッセージが来ていることを確認しているものの、既読マークがつかないように「未読」のままにしておくという「未読スルー」(未読放置とも)というものもある。

 LINEの場合、既読マークをつけなくても、メッセージの通知設定によっては内容の一部を確認することができる。とはいえ、通知で表示されるのは約30文字程度なので、長文メッセージが来た場合、「未読」のままで内容の全てを読むことはできない。これに対して女子大生のAさん(21歳)はこんな対策をしているという。

「通常はスマホを縦にして通知メッセージを読みますよね。これだと大体35文字しか見えませんが、スマホの画面を横向きにすると、約80文字くらい読めるんです。大抵これにすれば未読のままメッセージをほとんど読むことができますよ」(Aさん)

 とはいえ、なぜあえて「未読」にしておくのだろうか。女子大生Bさん(22歳)は、こう語る。

「相手に気を遣わせたくないので、『既読スルー』はなるべくしたくないです。するときは、相手を選んで“あえてする”ものになっていますね。

 今すぐ返事をしたくない人には『未読スルー』が基本。iPadでLINEを見れば、画面が大きいので未読でもだいたいのメッセージが読めます。スタンプが送られて内容が読めない場合は、たいてい大した内容ではないので既読にしません」(Bさん)

 LINEユーザーはそれぞれ“暗黙のルール”で「既読スルー」や「未読スルー」を使い分けているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
部下にLINE既読スルーされ悩む男 嫌われたのか否かを娘に聞く
ママ友LINEグループで嫌われる例 文章長い、なれなれしい等
韓流ペンのLINE使いこなし術 限定新曲やチケットも入手可

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP