ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニソンDJイベント『Re:animation』海外に! ジャカルタのファンへ”お土産”を贈るクラウドファンディング開始 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新宿・中野などでアニソン・クラブミュージック系のDJイベントを開催している『Re:animation』(リアニメーション)。2015年3月27日・28日には羽田空港国際線ターミナル内での深夜開催を敢行したのも記憶に新しいところですが、次の舞台がなんと海外であるとアナウンスされています。
今回、『リアニ』が出演するのは、ジャカルタで開催されるイベント『COUNTDOWN ASIA FESTIVAL in Jakarta』。インドネシア・マレーシアの地上波で日本のポップカルチャーをカウントダウン形式で紹介するTV番組『COUNTDOWN ASIA』が主催となっており、日本からは仮面女子、でんぱ組.inc、桃知みなみ等も登場する予定。日本の文化の一形態としてアニソンDJが招待される意味は大きいのではないでしょうか。

『リアニ』からジャカルタへ”派遣”されるのは、アニソンDJとしての地位を不動にしている後藤王様、ボカロ・アニソンをドラムンベースへと昇華させるプレイが印象的な女性DJのMegsis、アニソンリミックスのマッシュアップを得意とするユニットFish&Chipsの片割れ、MASAKARIの3人。いずれも『リアニ』の”ここぞ”という時間帯を任される実力派で、インドネシアのファンにどのように受け入れられるのか、興味深いところ。

また、2015年4月20日からは、クラウドファンディングサービス『CAMPFIRE』で募集を開始。といっても、渡航費のサポートではなく、ジャカルタの現地に来場したイベント参加者に、リストバンド型USBメモリーを”お土産”として無料配布するための支援金額を集めるのが目的。その中には、過去の『リアニ』のイラスト・音楽・映像やパーティフォト、出演者・スタッフからのメッセージがデータとして入れられるとのこと。
クラウドファンディングでは、支援額によってUSBメモリーに入れられるデータの容量が拡大。アーティスト・トラックメーカーのプロモーションとしても活用することが可能となっています。日本だけでなく、アジアでの活動も見据えるDJたちの心を揺さぶりそうな、『リアニ』らしい企画といえるのではないでしょうか。

なお、支援者にはジャカルタで配布されたものと同じUSBメモリーがリターンとして用意されるとのこと。こちらにはジャカルタでのイベント出演のレポートのデータが入れられるとのことなので、「行きたくても行けない!」というファンに対して参加する手段が用意された、と捉えることもできます。

目標金額は30万円。募集期間は2015年5月11日まで。

『COUNTDOWN ASIA FESTIVAL in Jakarta』概要

開催日:2015年6月6日・7日
開催地:LAPANGAN D SENAYAN(ジャカルタ/インドネシア)
参加費:50000インドネシアルピア
WEB:http://www.countdown.asia/event [リンク]
Twitter:http://twitter.com/countdown_asia [リンク]
Facebook:http://www.facebook.com/cdafesjakarta [リンク]

リアニメーションがジャカルタへ!日本のアニソンDJシーンからのお土産を届けたい!(CAMPFIRE)
http://camp-fire.jp/projects/view/2005 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP