ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KFC、ミスド、がってん寿司、丸亀…食専門家が品質に太鼓判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファミリーレストランにファストフードなど、日本人の食生活にはなくてはならない外食。でも、果たして本当に安全なのだろうか? 『スーパーの裏側』『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』(東洋経済新報社)などの著者で、“食品業界を知り尽くした男”といわれる河岸宏和さんが、安全面でおすすめできる有名外食チェーンを紹介する。

【ケンタッキーフライドチキン】
 今年からチキンの素材を100%国内産化。600項目以上の基準が設けられた高度な衛生管理を誇る工場でカットされ、生のまま各店舗に届けられる。店舗でも徹底した温度、衛生管理のもと店舗での調理は行われていて、マニュアルにも約600のチェックポイントがあり、冷蔵庫から取り出してから油で揚げるまでの時間も厳格に守られています

【ミスタードーナツ】
 研修施設で学んだスタッフが管理し、室温や粉の温度にまで注意を払って各店舗で手作りするドーナツは格別のおいしさ。オイルは純植物性でトランス脂肪酸値を大幅に抑えたものを使用。毎日ろ過し、酸化判定をして基準値を超えたら廃棄している。小麦粉の配合や、コーヒー豆の品種や産地選びも追求しており、原材料へのこだわりに妥協はありません。

【がってん寿司】
 特筆すべきは社員全員が職人ということ。仕込みも握りもできる技術者が各店舗にいるからこそ、鮮度の高い素材を新鮮なまま食べることができます。オープンキッチンで職人が握っている。仕入れは毎日、築地や大宮、小田原などを使い分けています。鮮度チェックは20分に1回、30分に1回の手洗いなど、衛生管理が徹底されているのも安心材料です。

【丸亀製麺】
 小麦粉、水、塩だけで麺を作っているため、一切余計なものは入っていません。季節や湿度、気候に合わせて水分量や小麦の温度も管理するほどのこだわりよう。店内で製麺される様子がガラス張りで見られる安心感は格別だ。季節の旬なものをかき揚げにしたり、うどんの具材にしたりと、毎日食べても飽きない工夫もされています。

※女性セブン2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「丸亀製麺」運営会社 業績好調で2桁増収増益が続く見通し
全国350店舗の大阪王将 ギョーザのヒダは1つと定めている
大戸屋の水菜は野菜工場で作られていた! 工場内部を潜入撮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP