ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『モーニングバード』番組P 朝ドラ対策は羽鳥&赤江のトーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 激しい視聴率戦争を繰り広げる朝の情報番組のなかで、この4月から5年目に突入した『モーニングバード』(テレビ朝日系・毎週月曜~金曜8時~9時55分生放送)。羽鳥慎一、赤江珠緒という2枚看板のキャスターで戦うこの番組の裏側を小寺敦チーフプロデューサーに訊いた。

──プロデューサーという立場から、羽鳥キャスターについてどんな人物だと考えていますか?

小寺:たとえば、みのもんたさんや小倉智昭さんは、歯に衣着せぬ意見で“直球勝負”みたいな部分があると思うんですが、羽鳥さんはサイドスローで優しく投げるタイプですね。

 以前『モーニングバード』で、電信柱に迷い犬のポスターを貼ったら景観を損ねるという理由で書類送検されたという話題を扱ったことがあるんですよ。そのとき羽鳥さんは「お巡りさんの仕事は書類送検することではなくて、いっしょに迷い犬を探すことだと思うんですよ」ってコメントしたんですね。「世の中はこうあるべきだ!」っていう豪速球ではないけど、「人の優しさってこういうものですよね」っていう球を投げられるタイプが羽鳥さん。計算とかではなく、人の情を素直に表現できるタイプなんだと思います。

──羽鳥さんのような優しい球を投げられるタイプは、今の時代にフィットしていると思いますか?

小寺:いつの時代でも求められているとは思うのですが、テレビ番組のMCを務める人のなかでは、羽鳥さんのようなタイプは少ない。やはり、自分の意見を主張したいという人が圧倒的に多いですからね。でも、羽鳥さんは自分の意見だけではなく、ちゃんと人の意見を聞いて尊重することができる。そういう意味でとても貴重な存在だと思います。

── 一方、赤江珠緒さんについてはどうですか?

小寺:同性からこれだけ好かれる女性キャスターは本当に珍しいですよね。さっぱりしている部分もあって、明るくてユニークで、嫌味もない。本当に万人に好かれる素晴らしいキャスターだと思います。羽鳥さんも本当に好感度が高いですし、この2人にコンビを組んでもらう面白さは、番組開始当初から強く感じていますね。でも、逆に言えば、このコンビの良さはまだまだ引き出せていない部分も多い。2人をもっともっと活かすような番組に変えていかなければいけないとも思います。

──朝の情報番組というと、裏番組にNHKの朝ドラという強敵がいます。朝ドラ対策というのはどうしているんですか?

小寺:各局やっていることですが、8時15分ちょっと前にいちばん大きな特集を流すということですね。一方で、8時からの15分間は『モーニングバード』の場合は、その時間帯に羽鳥さんと赤江さんのやり取りをぶつけるようにしています。やはり『モーニングバード』の最大の武器は2人のキャラクターですからね。

──ちなみに、裏番組の情報番組は見ますか?

小寺:見ますね。放送中はサブで流れているので、それを横目で見つつ、放送が終わったあとにじっくり見ます。違う時間帯の情報番組もチェックしていますよ。ネットやスマホの影響で、テレビ離れが進んでいるなどと言われているなかで、ライバルとして視聴率を競い合うことは、テレビ界にとって有意義なことだと思います。視聴率至上主義に対する批判もありますが、ここで各局が切磋琢磨することは間違いなくテレビの活性化に繋がるはずです。特に今はどこかの局が極端に強いというわけでもないので、全局にチャンスがある。どんどん競い合っていくべきだと思いますね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
24時間TVで日テレ登場の羽鳥アナに現場「あいつを映すな」
西尾由佳理アナ 残業嫌いで「休みほしい」が口癖だった
ズボラな安田美沙子の夫は家事好き 掃除も食器洗いも夫担当

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP