ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遠藤憲一 視力や聴力を失った16才老犬に自宅で点滴の介護

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 愛犬をわが子のようにかわいがる人は多いが、現在放送中の『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます』(TBS系)、『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)、『不便な便利屋』(テレビ東京系)に出演している俳優・遠藤憲一(53才)もそのひとり。

「犬が苦手なのにある日帰ったら家にいまして。周囲には“世界一マルチーズが似合わない”と言われるし、最初は参った(笑い)。でも近くにいたら慣れるね。お互い好物の出前のそばを分け合ったり、寝台特急で旅したり。楽しい日々に、今では離れると寂しくて」と照れる。

 電気コードを噛んでエレキと呼ばれたやんちゃ坊主も16才。高齢で視力や聴力を失い、腎臓も衰えた。

「近頃は家で点滴をする介護生活ですが、エレキがいるだけで癒される。天寿を全うするまで、家族でできる限りのことをして“看きろう”と誓っています」(遠藤)

※女性セブン2015年4月30日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元葉山エレーヌ 「石田みゆき」へ改名願うも局員制止で断念
日本エレキテル連合 「朱美ちゃん色」を薄めるべく活動中
石田エレーヌの「週末飲み会」は日テレ有数の合コンルート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。