ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インテリアにも!アートになった壁掛けスマホ充電器がおしゃれ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日使うスマホの充電器。デザインにもこだわりたいという人には、「Spira」のようなアイテムがおすすめだ。

・充電器×アート×時計の3役!

Alice Robbiani氏がデザインした「Spira」は、一見するとアート作品のよう。ワイヤレス充電器にも時計にもインテリアにもなり、“機能性”と“美”を兼ね備えているのだ。

表面は、マグネットになっており、専用ケースを使えば、そのままくっつけることができる。

・充電状態はビジュアル化して見やすく

スマートフォンを設置してアプリを起動すると、すぐにワイヤレス充電がスタート。画面には、コロコロと動く白いボールのアイコンが表示され、ボール1つにつき10%分の充電が完了したことを示しているという。

・熱感応インクで模様が変わる

この本体内部には、熱感応インクが備わっており、温度の変化によってフレーム内のモチーフが変化していく。

最終的には、最初の状態とは全く異なるイメージへと変わり、スマートフォンを外して充電をやめたら、元のモチーフに戻るという仕組みだ。

・時計の機能も!

また、フレーム内の該当箇所にスマートフォンを配置すると、スマートフォンの画面に時計の針が出現する。つまり、掛時計にもなるのだ。

1つで3役をこなすアートなデバイスは、ECALのプロジェクトとして企画されたもの。商業用に開発されたわけではないが、インテリアやアートと、インタラクティブなツールとのドッキングという、新しい発想に気づかせてくれる。

Spira

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP