ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブンブンリミックスのグランプリ決定、「VIVA LA ROCK」CLOSING ACT出演も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年2月に“最高傑作”アルバム「SHINE LIKE A BILLION SUNS」をリリースしたブンブンサテライツ。彼らがニコニコ生放送とタッグを組んで開催していた「リミックスコンテストVol.3」の結果発表の模様が、4月20日に放送された。

同コンテストは、アルバムの初回盤特典として封入されている特典CD ROMに収録された「A HUNDRED SUNS」のリミックスパーツを使用し、オリジナル作品を制作、ニコニコ動画にアップすることで参加できるというもの。

生放送は、前回に引き続きグラスを片手にゆったりとした番組進行が好評を博すなか、メンバー2人が厳選したレベルの高い作品の数々に、視聴者からも驚きのコメントの嵐が。最優秀作品は4作品選ばれ、後日その4曲に中野自身がマスタリングを施し配信リリースされる。中野は「一番を決めるのが意味ないと思うくらい、作風に幅があって選ぶのも楽しかった」とコメントするなど、そのクオリティの高さに感服していたようだ。

またこの日の放送では、5月からスタートするツアーで未発表だった5月13日愛知・名古屋CLUB QUATTROと5月14日大阪・梅田CLUB QUATTRO の対バン相手がtricotであることも本人たちの口から発表され、この化学反応にも注目が集まる。

さらに本日「VIVA LA ROCK 2015」への出演も発表された。この参戦にはプロデューサーの鹿野淳氏からもメッセージが寄せられている。そのままツアーへ突入する彼らの夏は2年ぶりのフジロックへの出演も決定しており、またアルバム収録曲「BACK IN BLACK」が主題歌に起用され全世界で公開されているTRIGGER制作アニメ「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」も大きな話題となっている。

〜鹿野 淳(VIVA LA ROCKプロデューサー )コメント〜
初日である5月3日(日・祝)にBOOM BOOM SATELLITESの出演が 決まりました。これは、通常のヘッドライナーである[Alexandros]のライヴの終演後に、この日のCLOSING ACTとしてVIVA! STAGEにて特別なライヴを行うものです。
ご存知の方も多いと思いますが、彼らはヴォーカリストである川島道行の闘病を抱えながら果敢な活動を続けています。その中で去年も本フェスに出演してくれましたが、是非今年も何とかして出演したいという話をもらい、我々も調整を続けてきました。しかし彼らのツアー日程との兼ね合いでいろいろ難航し、それでもお互いに探り合った結果、栄えある初日のCLOSING ACTという特別な時間を共に過ごすことになりました。
他の2日間とは異なる特別な時間であり、通常の終演時間より遅い時間のライヴとなりますが、是非彼らのこのライヴへの思いを会場で生で体感し、盛り上がってもらいたいと心から願っています。
なお、あくまでもこのライヴは特別なものであって、5月4日と5日のCLOSING ACTはございません。ご理解のほど、よろしくお願いします。

番組情報
BOOM BOOM SATELLITES生出演 リミックスコンテストVol.3 結果発表特番
放送日時:2015年4月20日(月)20:00〜22:00
タイムシフト視聴期間:30日
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv217382026

SHINE LIKE A BILLION SUNSリミックス・コンテスト 特設サイト
http://ch.nicovideo.jp/slabs

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 公式サイト
http://www.ninjaslayer-animation.com/

関連リンク

ブンブンサテライツ オフィシャルサイトhttp://www.bbs-net.com/
ブンブンサテライツ レーベルアーティストページhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/BoomBoomSatellites/
ブンブンサテライツ Facebookページhttp://www.facebook.com/boomboomsatellites
ブンブンサテライツ オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/bbsliveSMEJ
■ブンブンサテライツ iTuneshttps://itunes.apple.com/jp/artist/id105461375

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。