ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高木ブー 82歳でサバイバル企画挑戦 初めてのベストアルバム発売なるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1996年にアルバム『Hawaiian Christmas』で63歳にしてソロデビュー。99年にはNHK教育テレビ『趣味悠々 高木ブーの今すぐ始めるウクレレ』の講師としてウクレレブームの立役者となり、以降も意欲的に音楽活動を続けてきた高木ブー。自らのベストアルバム発売に向け、決意も新たに始動した。 

 高木は現在82歳。そこでソロ音楽活動の集大成としてベストアルバムを自ら企画し、20年来のつきあいとなるソニーミュージックのプロデューサーに話を持ちかけた。ところがCDセールスの落ち込みも激しい音楽業界、厳しくもプロデューサーから高木に提案されたのは「オーダーメイドファクトリー」へのエントリーだった。

 「オーダーメイドファクトリー(OMF)」とはソニーミュージックのオンラインショップ Sony Music Shop内で2004年にスタートしたサービス。スペシャル企画盤や廃盤となったタイトルなどをサイトにエントリーし、ユーザーから既定のリクエスト数が集まれば商品化、発売するという、アーティストにとってはサバイバルとも言えるシステムだ。

 高木のベストアルバム実現には目標数のリクエストをクリアする必要がある。そこで、商品化達成までの間に予約してくれた人には高木直筆のサイン入り特製ポストカードをプレゼント。高木は「発売が決まるのを祈りながら、毎日サインを書いてます!」と至ってポジティブだ。

 現在エントリー中の高木ブー初めてのベストアルバムは、その名も『Life is Boo-tiful』。ハワイアンの定番曲から、ビートルズやエリック・クラプトンのハワイアンカバー、吉田拓郎作曲によるオリジナルシングルまで、ソニーミュージックでリリースされたシングル、アルバムから全18曲を自らセレクトした。

 このスペシャル企画盤を実現し、ウクレレテクニックと美声を高品質CDで楽しませてくれる日は果たして来るのか。ぜひ注目してほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

仲本工事、三代純歌とラブラブ誕生日 高木ブーに「若いかみさんもらった方がいい」
小野ヤスシさんをしのぶ会 加藤茶、左とん平ら300人が出席
“ウクレレのカミナリ様”高木ブー Xmasアルバム発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP