ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジ・オーブ、6年ぶりの新作アルバムを7月リリース&ジャパン・ツアー決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジ・オーブ、6年ぶりの新作アルバムを7月リリース&ジャパン・ツアー決定

 アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスなどのジャンルを確立するなど、”アンビエント”や”ダブ”をキーワードにハウス/テクノのあり方を追求し続けてきた重鎮、ジ・オーブが最新アルバム『ムーンビルディング 2703 AD』を7月にリリースすることが明らかになった。

 アレックス・パターソンを中心に結成され、現在はトーマス・フェルマンとの二人体制で活動を続けるジ・オーブ。新作はパターソンとフェルマンの完全コラボ・アルバムとしては、<KOMPAKT>からリリースされた『OKIE DOKIE IT’S THE ORB ON KOMAPAKT』以来10年ぶり。ジ・オーブ名義のフル・アルバムとしては、『BAGHADAD BATTERIES』以来6年振りとなる。

 本作のアートワークは、エイフェックス・ツインやオウテカなどのアートワークで知られるザ・デザイナーズ・リパブリックが手がけ、マスタリングはpoleことステファン・ベトケが担当している。

 また、7月には、ジ・オーブの来日ツアーも決定しており、東京は7月4日(土)代官山UNITにて、大阪は7月5日(日)STUDIO PARTITAにて公演を行う。詳細は近日発表予定となる。

◎リリース情報
『ムーンビルディング 2703 AD(MOONBUILDING 2703 AD)』
2015/07/01 RELEASE
BEAT RECORDS/KOMPAKT
BRC-474 2,000円(tax out.)

<収録曲>
01. GOD’S MIRRORBALL
02. MOON SCAPES 2703 BC
03. LUNAR CAVES
04. MOONBUILDING 2703 AD
05. MOON QUAKE 1 *Bonus Track for Japan
06. MOON QUAKE 3 *Bonus Track for Japan

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: エンリコ・シモネッティ 知る人ぞ知るイタリアの名手のロマンティシズム溢れるピアノ楽曲集
スライ&ザ・ファミリー・ストーン、1968年の未発表ライブ音源がCD&LPに
Album Review: ジョアン・サビア 心地ちよさを追求したアーバンなブラジリアン・サウンド

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。