ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7分の短編アニメが興収400億円!? 映画『メイズ・ランナー』のベースになった動画がスゴい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


生き残りたければ、巨大な迷路(メイズ)の謎を解け! 全米で160万部の売上を記録し、約1年間に渡りニューヨーク・タイムズのベストセラー・リストにとどまった大人気小説を映画化したサバイバル・アクション『メイズ・ランナー』が5月22日より公開となります。

常に姿形を変え迫りくる謎の巨大な迷路から脱出するため、極限の知力・体力で駆け抜けるランナーたちのサバイバルを描く本作。ブロックバスタームービーは、製作費1億ドル~2億ドルをかけるのが通例だが、ハリウッドでは低予算とされる製作費約3400万ドル(約40億円)をかけ、他の予想を上回る、興行収入約3億4000万ドル(約400億円)というメガヒットを遂げています。


監督を務めるのは、若干29歳のウェス・ボール。フロリダ州立大学の映画製作科で美術博士号を取得。在学中のアニメ作品が注目され、スタジオ「オッドボール・アニメーション」を設立し、数々の作品の美術や視覚効果を手掛けていました。

彼の転機となったのがオンライン上で公開した3D短編映画『RUIN』(12年公開)。あまりのクオリティの高さに大きな話題を呼び、ベストセラー小説を映画化するにあたり、必要なヴィジョンと創造力を確信した20世紀フォックスが彼に目を付けたのです!

ボールは、「小さな視覚効果の会社を持っていた僕は、他の人の仕事を2~3年やって、自分の作品を世に出そうと考えていた」と当時を振り返っています。

続けて監督は、「少年たちが生活する場所“グレード”がどんな様子か、あざやかなイメージが浮かんだ。むき出しで、刺々しくて何もなく、自然そのままのような環境だが、周りをコンクリートの壁で囲まれている。これから数年間、自分が住んでみたい世界だと気づいたんだ。これは、まさに理想どおりだ。最初は少年たちが作った”グレード”で始まり、次は壁の向こうの迷路という広大な世界へ進む。まったく違う状況になるんだ」とコメント。

監督抜擢の決め手となった『RUIN』は、ツタがはびこる未来的な都市を舞台に展開するアクション映画。圧倒的な世界観とスタイリッシュで視覚に訴える7分間の映像を創り上げ、誰もが予想出来ない展開の連続にはネット上で話題に。その設定と世界観は、本作『メイズ・ランナー』のパイロット版と言っても良いほどのクオリティです。

RUIN
https://www.youtube.com/watch?v=doteMqP6eSc

それにしても、現在大ヒット中の映画『セッション』のデイミアン・チャゼル監督は30歳、このウェス・ボール監督は29歳。若い才能がどんどん出て来てたぎりますな!


『メイズ・ランナー』ストーリー

高い壁に囲まれた巨大な迷路は、朝になると扉が開き、夜が訪れる前に扉は閉じられる。夜の間、迷路はその構造を変化させ、二度と同じ道順は出現しない。迷路に囲まれたエリアには、月に一度、生活物資とともに新しい“ランナー”が送り込まれてくる。記憶を失い、かろうじて自分の名前だけを思い出すランナーたちは、コミュニティを形成。選ばれた数名が迷路の構造を調べ、この地からの脱出法を探す。迷路の扉が閉まる夜までに戻らなければ、ランナーに命の保証はない。迷路に隠された秘密とは?そしてランナーたちの運命は?あらゆる予想を超えた衝撃のクライマックスが待っている。

http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner

(C)2014 Twentieth Century Fox Film

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP