体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「妖怪ウォッチ」の和菓子が登場!「ジバニャン」などキャラクターを細かく再現。今後も季節の催事に合わせて展開へ

株式会社バンダイ キャンディ事業部は「妖怪ウォッチ」のキャラクターをモチーフにした和菓子「食べマス 妖怪ウォッチ」を、「こどもの日」に向けて2015年4月29日より全国のイオン(沖縄を除く)の和菓子売り場にて先行発売する。

「食べマス」は、「食べられるマスコット」の略を名称としたキャラクター和菓子の新シリーズ。和菓子の「練り切り」を用いて作られている。美味しさだけでなく、手の込んだ細工の美しさ、そしてキャラクターの愛らしさが楽しめる新感覚の和菓子シリーズだ。

「ジバニャン」はカスタードクリーム餡入り。耳やしっぽのかたちも忠実に作られていて、腹巻もかわいらしい。
「コマさん」はミルク餡入り。ほっぺやまゆげのうずまきも細かく再現。
「ウィスパー」はチョコ餡入りで、頭のかたちがポイント。丸くボリュームのある体を先までぷっくり作って支えている。

本商品は「食べられるマスコット」をコンセプトとしたキャラクター和菓子の新シリーズ「食べマス」の第一弾となり、以後、季節の催事に合わせてシリーズ展開予定。

子供だけでなく大人も、可愛すぎて食べられなくなる人続出?!の「食べマス 妖怪ウォッチ」。これからどんな新シリーズが出てくるのかも楽しみだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会