ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西城秀樹、還暦記念作が約35年ぶりのオリコンアルバムTOP20入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

西城秀樹が60歳の誕生日にあたる先週13日にリリースしたアルバム「心響-KODOU- 西城秀樹還暦記念アルバム」(Battle Cry Sound)が発売初週で0.4万枚を売り上げ、4月27日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:4月13日~4月19日)で15位に初登場。同日付オリコンインディーズアルバムランキングでは自身初となる1位を獲得した。

西城秀樹にとって総合ランキングのTOP20入りは、1991年5月20日付(18位)にアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマとなったシングル「走れ正直者/HIDEKI Greatest Hits Mega-Mix」(1991年4月発売)で記録して以来23年11ヵ月ぶり。

アルバムは1980月3月10日付(17位)のLP「Songs」(1980年2月発売)以来35年2ヵ月ぶりで、初登場では1979/10/22付(12位)のLP「ビッグ・ゲ-ム’79」(1979年10月発売)以来35年半ぶりとなった。

本作には、1972年のデビュー曲「恋する季節」から「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」「傷だらけのローラ」など新たにレコーディングした歴代のヒット曲14曲に、3,120日ぶりの新曲「蜃気楼」を加えた全15曲(メドレーを含めると20曲)を収録。デイリーアルバムランキングでは登場初日に3位(4月13日付)と好調な滑り出しを見せていた。

西城秀樹コメント
60歳の還暦を迎えた記念すべき日に、最高のアルバムを発売できたこと、大変嬉しく思っています。しかも還暦記念アルバムが好スタートを切れたこと、これもひとえに長年応援してくださったファンの皆様のおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。
60歳は再スタートの年。これからも新たな気持ちで頑張ります。
僕の還暦は感謝の歴史ですから。
「ヒデキ!カンレキ!!」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP