ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エビ中がれるりり「脳漿炸裂ガール」をカバー、チャランポ小春、井手コウジも楽曲提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私立恵比寿中学(略称:エビ中)が、6月17日に発売するシングル「夏だぜジョニー」収録曲の追加詳細を、4月20日放送のUstream「ebichuTV」にて発表した。

通常盤のカップリング曲として収録される「脳漿炸裂ガール」は、この夏全国ロードショーが決定している柏木ひなた(出席番号10番)が竹富聖花とW主演をつとめる、映画『脳漿炸裂ガール』の主題歌。この楽曲は、もともとボカロPのれるりりが制作したボーカロイド楽曲としてニコニコ動画で公開され、関連動画再生回数は2,500万を越えファンの間で“神曲”として称えられる大ヒットボカロ曲。今回実写映画化に伴い、この大ヒット曲をアイドルとして初めてカヴァー。超高速メロディーにエビ中が8人で挑む。

このカヴァーに関して、れるりりは「『脳漿炸裂ガール』はタイトルが奇抜なイメージですが、みんなが楽しんでくれるような曲を作りたいなと思ってできた曲です。今回私立恵比寿中学さんに歌ってもらう事が出来て、本当に嬉しく思っています」とコメント。さらに、「自分の作品が映画になること自体が初めてで、しかも実写。とても嬉しいですし、柏木さんはとても可愛らしくて、お話を聞いた時、ヒロインにピッタリだと思いました!皆さん短い撮影の中、一生懸命演じて下さったので、是非『脳漿』を知っている方も知らない方も1度観に来て頂ければと思います」と実写版の映画化に期待を寄せる。

現在行っている全国ツアー「私立恵比寿中学飛び出せ全十ホールツアー 2015~わっくわくはるバルーンGOGO~」でのみ予約購入できるツアー会場限定盤のカップリングには、姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンの小春(姉・アコーディオン)がこのツアー用の舞台音楽として書き下ろした「吟遊詩人」を再構築。今回のコンサート(=学芸会)の世界観にインスパイアされたエビ中ならではのコンセプチュアルな楽曲に仕上がっているとのこと。

また、オンライン限定盤には、アルバム「金八」で「大漁恵比寿節」を手掛けた井手コウジが書き下ろしたFUNKYなロックチューン「キャンディロッガー」が収められる。

なお、これら収録曲は、完全生産限定BOXにてすべて入手できる。

そして6月17日に同時発売される、グループ初のクリップ集「ベストヒットEBC」には、覆面プロジェクトとして話題を巻き起こした、五五七二三二〇「半世紀優等生」(ココナッツサブレ オフィシャルソング)が追加収録されることが決定している。

リリース情報
シングル「夏だぜジョニー」
2015年6月17日発売
完全生産限定BOX(CD+TOWEL)5,000円(税込)
通常盤(CD)1,200円(税込)
会場予約限定盤(CD)1,200円(税込)
forTUNE限定盤(CD)1,200円(税込)

クリップ集「ベストヒットEBC」
2015年6月17日発売
(BD)5,500円(税込)

関連リンク

私立恵比寿中学 オフィシャルサイトhttp://www.shiritsuebichu.jp
私立恵比寿中学 YouTubeチャンネル「エビちゃんねる!」http://www.youtube.com/ebichusmej

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP