ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

"Hey Siri"で起動も! iOS8で進化したSiriの新機能まとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneの音声認識アプリ「Siri」が登場したとき、「ITの技術はついにここまで進化したのか!」と感慨を覚えた方も少なくないだろう。実は、昨年リリースされた最新版OS「iOS8」で、Siriはさらなる進化を遂げた。あると便利な機能も搭載されているので、ぜひチェックしていただきたい。

「Hey Siri」と呼べば、起動する!

これまでSiriを起動させる方法といえば、ホームボタンを長押しするしかなかった。しかし、最新版では「呼びかけ」での起動が可能に。

方法は簡単だ。まず設定画面を開き、「一般」を選択。続いて「Siri」をタップすると「"Hey Siri"を許可」という項目が表れる。これをオンにすると、「Hey Siri」と呼びかけるだけで起動するのだ。また、「Hey Siri 今何時?」と問いかけると、時間も教えてくれる

ただし1つだけ、条件が。Hey Siriの呼びかけで起動させるには、電源と接続している必要がある。今後のアップデートで、改善されることを期待したい。

タイトルがわからない曲が聴こえてきたら……Siriに聞いてみよう!

今回のSiriのバージョンアップで、目玉といえるのが曲の認識機能がついたこと。「この曲を教えて」などと、Siriに話しかけ、当該の曲を聴かせると、曲名やアーティスト名を教えてくれるのだ。

日々、カフェで流れるBGMやラジオを聴いているときに、「いい曲だけど、タイトルがわからない」と感じている人も多いかもしれない。そんなときは、ぜひSiriをご活用いただきたい。

iTunes、iBooksとの連携で、コンテンツ購入が可能に

iOS8へのバージョンアップとともに、SiriとiTunes、iBooksが連携するようになった。音楽・映画・本(電子書籍)のタイトルをSiriに話しかけると検索が行われ、iTunes、iBooksで販売されていれば当該ページが表示される。また、先に挙げた曲の認識機能からも、音楽ファイルの購入が可能だ。

なおAppleは自動車メーカーと協力し、運転中でもSiriを活用できる「アイズフリー」というシステムを現在、開発しているという。ハンドルについたボタンを押すだけで、Siriの機能を利用できるというものだ。iPhone、iPadだけでなく、さまざまな場面で使える可能性が出てきたSiri。今後のさらなる発展に期待したい。

関連リンク

Siri

関連記事リンク(外部サイト)

クマやシワの”顔面ノイズ”を無かったことに! 美顔アプリの決定版「Ava Photo」が優秀すぎる
実はかなり便利! タブレットをサブモニターとして機能させるデュアルアーム
重宝間違いなし! スマホ用多機能ストラップの使用法が多彩すぎる!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP