体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世の中をもっと良くするアイデアを応援! スタートアップ支援プログラム「KDDI ∞ Labo」第8期がスタート

KDDIとパートナー企業15社が行う、スタートアップ支援プログラム「KDDI ∞ Labo」。インターネットサービスに関する優れたアイデアを提案したチームを選出し、3カ月間、メンター(助言者)とのコミュニケーションを図りながら開発を進めるものだ。

3月26日には東京・渋谷ヒカリエ内にあるKDDI ∞ Laboのオフィスにて、第8期として選ばれた5チームの発表会が開催された。各チームのプレゼンテーションに先立ち行われた江畑智広KDDI ∞ Labo長の挨拶によると、今季、参加を希望したチーム数は過去最高に。また、以前はその中の1〜2%程度にすぎなかったIoT(モノのインターネット)やハードウェア領域のアイデアを提案するチームが、10%前後にまで増えているという。

最終的に選出された5チームのサービス内容と、メンタリング企業による選定理由の説明は以下のとおり。

シンデレラシューズ(未法人)


代表の松本久美氏(左)と開発担当の大内遙河氏(右)

女性ユーザーがウェブ上で自身の足に関する情報を登録することで、ぴったりとフィットする靴を選び出すサービス。経済産業省が行った調査によると「靴ずれなどのトラブルに遭った経験のある人」は男性で72%、女性ともなると91%に上るといい、日本の全人口に当てはめると8千万人を超える数字となる。代表の松本久美氏は靴のデザイナーでもあり、「靴と足とを結びつけるサービスが必要だと考えた。女性たちの靴に関する悩みを解決していきたい」と、抱負を述べた。

〈メンタリング企業コメント〉三井不動産株式会社 光村圭一郎氏

三井不動産はこれまでもKDDI ∞ Laboでの支援を行ってきましたが、ゼロからのビジネス立ち上げは初めての経験となるので、とても楽しみにしています。選定理由は、明確なニーズが存在しており、例えば、当社の女性社員にシンデレラシューズの話をすると「欲しい」という強い反応がありました。このサービスによって、今まで一部の人しか享受できなかったサービスが多くの人に届くのではないかと考えています。

LYNCUE(未法人)


LYNCUEのコンセプトを説明する塩塚丁二郎氏

遠隔地同士を照明でつなぐというユニークな発想の「照明型IoTデバイス」。これを利用すると、例えば、大阪に単身赴任中の父親が夕食時に照明(LYNCUE)のスイッチを入れると、同じくLYNCUEを利用する東京の家族が住む家の電気がつく。「今、お父さんがテーブルについた」と、離れていても存在を感じることや、時間を共有しているかのような体験ができるのというものだ。デモ試作機はプロジェクターとカメラを組み合わせたもので、上述のような家族間での利用のほか、遠隔プレゼンテーションなど、ビジネスの場面で使われることも想定している。

〈メンタリング企業コメント〉株式会社日立製作所 岡田亮二氏

LYNCUEを選んだ最大の理由は、ずばり面白いから。我々、日立製作所はものづくりをする企業であり、そこにKDDIさんの持つ通信の力を加えることで、彼らのアイデアを形にできるのではないかと考えています。今の段階では、コンセプトが若干広めだと感じておりますので、ここから的を絞り、そして3カ月の期間でできるだけのことを進めていきたいです。

Oshareca(株式会社えほむ)


Osharecaの必要性を語る佐竹夏美氏

美容師個人を指名予約できるプラットフォーム。例えば、予約という観点から見ると現在、美容院予約の7割は電話によるもの。しかし、電話したら予約が埋まっていた。接客中で美容師さんがなかなか電話に出てくれないなどの要因から顧客満足度の低下に結びつく場合がある。そんな不満やその他の美容院での経験を改善するサービスがOsharecaである。代表の佐竹夏美氏は「既存顧客に特化したプラットフォームのため、何回も美容院に行きたくなるようなユーザーエクスペリエンスにしたい」と語った。学生枠での参加。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy