体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ゲームレビュー】Wii専用ソフト『朧村正』プレイレビュー

ガジェ通

マーベラスエンターテイメントが4月9日に発売した『Wii』のアクションRPG『朧村正(おぼろむらまさ)』のレビューをするぞ。このゲームがはじめて発表されたのは2007年で、プレイアブルを一般にお披露目したのは2007年東京ゲームショウだ。2008年発売予定だったものが延期に延期を重ね2009年4月9日の発売となってしまった。ようやく発売された『朧村正』だが、何がすごいのか? 要点をまとめてプレイした感想も含めレビューしちゃうぞ!

■今では珍しい横スクロールアクション
3D技術が進むなか、このゲームは2Dアクションとなっている。長い道中を駆け巡り108本の妖刀村正を集めるのが目的だ。移動も戦闘も全て2Dで展開され、今となっては逆に新鮮だ。かといってチープなわけではなく緻密に描かれたキャラや、ど派手に動く巨大ボスなど目を見張るものがある。ジャンルはアクションRPGなので移動中にエンカウントで戦闘シーンに入る。しかし画面切り替えは無く、そのままシームレスに戦闘シーンとなり敵を倒せばお金、経験値を得られる。

■超美麗和風グラフィック
上記でも少し触れたが2Dグラフィックなりの味があるテイストに仕上がっており、下手な3Dゲームより鳥肌ものだ。お城の中、竹藪、ボスなど美麗な和風グラフィックの世界を暴れ回ることができるのだ。

■ストレスの無いゲーム展開
ディスクの読み込み時間、セーブ時間共に爆速でストレスを感じずに遊ぶことができる。特にセーブ時間の速さには驚かされるものがあった。間違えてキャンセルを押したのかと……。

■二人の主人公
主人公は鬼助(きすけ)と百姫(ももひめ)がおり、どちらかを選んで遊ぶことになる。途中でプレイヤーのチェンジはできない。両者とも使う武器が違うため攻撃も違ってくる。また百姫に至っては着物だからノーパンだという説も……(公式サイトのQ&Aより)。

■所々に聞いたことがある「おはなし」が
聞いたことのある「おはなし」が所々に出てくる。「これは黒蜜ではない、毒じゃ!」とわけの分からないことを言う和尚。「私はまんじゅうが怖いんですよ! まんじゅうを私の周りに置かないでください! あまりに怖いんで全部食べちゃいました。今度はお茶が怖くなってきました」というおはなしなどが村人から聞くことができる。どっかで聞いたことあるでしょ?

■声優陣によるフルボイス
お店の人から主人公、村人まで全ての登場人物がフルボイスにて展開される。フルボイスマニア必見!

■食べ物が美味しそう
道中で立ち寄る茶屋で食べることができる和菓子、また自分で調理する料理のグラフィックが異常に美味しそうに描かれている。もちろんアニメーション付きで食べる様まで見ることができる。空腹時にこのゲームをするのは厳禁!

1 2 3次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会