ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜引っ張るロペス 巨人時代に叩き込んだ投手データ活きる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長年下位に沈み、Aクラス入りできるかどうかといわれていた横浜が、セ・リーグ上位に躍り出ている。好調の打線を引っ張るのは巨人から移籍したロペス(31)だ。打率.338で、ホームラン6本と打点13はリーグトップだ。

 巨人OBの広岡達朗氏が「何で平均20本は打てるロペスを出すのか。阿部慎之助の一塁コンバートで放出するのが大間違い」と巨人に対して懸念していたことが現実になっている。

 評論家陣からは、「巨人と違って打席での制約が少なくなったのか、思い切って振れている」と高評価。加えて巨人時代に頭に叩き込んだ投手データが活きているようだ。

「彼は試合前に必ずスコアラーから個別レクチャーを受ける研究熱心な選手だった」(巨人OB)

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ロペス放出した巨人のおかげで助かった」と横浜DeNA関係者
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手
キューバの至宝・セペダ 不要論浮上も無下に扱えぬ深い理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP