ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェイ・Zが手掛ける高音質音楽ストリーミング「Tidal」からCEOが退職

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

ジェイ・Zが手掛ける高音質音楽ストリーミング「Tidal」からCEOが退職、レイオフを実施

アーティストのための音楽ストリーミングを目指す、ジェイ・Zが運営する「Tidal」(タイダル)からCEO(最高経営責任者)のアンディ・チェン(Andy Chen)が同社を辞めたことが明らかになりました。

Tidalはチェンが同社を退職し、代わりにピーター・トンスタッド(Peter Tonstad)が暫定CEOに就任することを発表しました。トンスタッドはTidalの親会社Aspiro Groupの元CEOで、2014年1月からはTidalや、もう一つの音楽ストリーミングサービス「WiMP」のチーフ・コマーシャル・オフィサー(CCO)を務めていました。

またスウェーデンのメディアは、Tidalがチェンに加えて約25人の従業員を今週レイオフしたとが伝えています。

今年に入ってジェイ・Zによる買収が完了して以降、サービス拡大を急ピッチで進めているTidal。ジェイ・Zのつながりで数多くのアーティストがサービスのPRに参加するなど、音楽仲間との関係はTidalでつながっているようですが、実際に開発やサービスを運営する組織の改編はどう進むのでしょうか?すでに組織とビジネスモデルがはっきりしているSpotifyやアップルと比べ、Tidalの組織がどの程度競争できるレベルにあるのか、気になります。

Tidalの関連記事
”高音質”音楽ストリーミングサービス「Tidal」をジェイ・Zが発表。カニエ・ウェスト、ダフト・パンクら大物アーティストも支援

Tidalは、一般的な音楽ストリーミングと違い、「高音質」で音楽をストリーミング再生できるサービスです。

その他の違いとしては、Tidalの料金は、通常の音質「Tidal Premium」(タイダル・プレミアム)の月額9.99ドルと、「Tidal HiFi」(タイダル・ハイファイ›の月額19.99ドルの二通りと、無料サービスが無く、どちらも有料サービスである点です。

音質面では、「Tidal Premium」が最大320 kbpsのAACファイルと一般的なストリーミングサービスと変わらないのに対し、「Tidal HiFi」は1411 kbps、16ビット/44.1kHZのFLACファイルとALACファイルをストリーミング配信することで、どのサービスにもない高音質を実現します。

ただし高音質で聴くためには、Spotifyなどのサービスの2倍の値段を支払わなければならず、聴く人は選択を迫られます。

■記事元http://jaykogami.com/2015/04/11123.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP