ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

少しの勇気でインターネットの先へいつ行くの?○○でしょ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2014-09-10_22.02.55

Keisuke Asami「氷と大地の国・アイスランド」より

こんにちは、TRiPORTライターのSougakuです。
新しいことを始めるには、それなりの労力と覚悟が必要になってくると思います。しかし、少し勇気を持って飛び込んでみると、きっと楽しい出会いや出来事があるはずです。もしかしたらそれは、海外旅行も同じかもしれません。「インターネットで写真も旅行記も見ることができるので満足」という人もいるようですが、今回は僕の体験談から「実際に海外へ行く」メリットを2つ紹介します。

自分だけの風景を発見できる!

僕は高校時代、異国の街歩きをテーマにした旅行番組の虜になりました。しかし当然ながら、その番組内では自分が行きたいや歩きたいルートに思うようには行ってくれません。それを非常にもどかしく思っていました。しかしその後、幸いなことに大学に入ってフランスへ研修しに行く機会があり、番組で紹介された街を同じように歩くことができました。自分の感性に従って、赴くままに小道に入り、現地に訪れた自分しか知らない街並みを見ることができて、充実感に満たされたことを今でも覚えています。自由に動いて、自分だけの景色を発見できることが、インターネットやテレビで紹介されたものを見る以上の経験だと言えるのではないでしょうか。

image

Hiroshi Sasaya「フランスの旅」より

美しさには制限がある

大学2年のときに、webマガジンでSFのような慰霊碑の写真を見かけました。その造形の美しさに魅了された僕は、勇気を振り絞って行ってみることに。人によって管理されていないものは、いつ壊れてしまうかわかりません。だからこそ「行きたい」と思ったときにすぐ行動を起こしました。現地に着いて、その念願の景色を目にした瞬間に「決意して見に来てよかった」と強く感じることができました。

美しいと言われる風景は世の中に数多く存在していますが、特に自然のものは、いつでも見に行けるわけではないのです。大昔に描かれたナスカの地上絵も現在消えかかっていると言われています。他にも大気汚染や環境破壊、あるいは保護のために観光客の侵入を禁止するなど、様々な理由で失われれしまう景色もあります。今、見に行かなければ一生後悔するかもしれません。

DSC_0342

Daisuke Taniwaki「中国国家AAAAA級風景区」より

さいごに

インターネットを通じて世界中を見ることができる現代でも、実際に行くことでしか得られない経験は数えきれないほどあります。あなたしか見たことのない景色を、ほんのちょっとの勇気で手に入れられるはずです。海外へ「行きたい」という気持ちがある人が決意すべきタイミングは「今」なのではと思います。

(ライター:Sougaku)
Photo by: Keisuke Asami「氷と大地の国・アイスランド

関連旅行記

*Keisuke Asami「氷と大地の国・アイスランド
*Hiroshi Sasaya「フランスの旅
*Daisuke Taniwaki「中国国家AAAAA級風景区

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。