ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丸坊主のゼイン・マリク、1D脱退後初の公の場でメンバーに感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゼイン・マリクがワン・ダイレクションを脱退してから数週間経った4月17日、ロンドンで開催された【The Asian Awards】の壇上で他のメンバー達に対する感謝の意を表した。

 髪を剃り上げ、坊主頭にしたマリク(22)は、同アワードで母親と共にレッド・カーペットを歩き、ソロアーティストとして初めて公の場に登場した。マリクは“Outstanding Achievement in Music”という栄誉を受けたという。米ゴシップ・サイト“TMZ”が伝えている。

 マリクは受賞スピーチの際、「グループにいながら素晴らしいこと全てを分かち合った人生最良の4人の仲間たちにも、この場を借りて御礼を言いたい。僕らが一緒にやったことは一生忘れない。未来に!」と語った。

 なお、この前日には、相棒でありプロデューサーのノーティー・ボーイが、鼻に新しいピアスを開けたマリクの写真をツイッターで公開していた。

関連記事リンク(外部サイト)

メーガン・トレイナー、初来日公演は“誰もが自分を愛する勇気を持てる”感動のステージ
ポール・マッカートニー来日、“幻の来日公演”となった35年前の記憶
スライ&ザ・ファミリー・ストーン、1968年の未発表ライブ音源がCD&LPに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP