ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘルシーな「いいわけ菓子」 間食の罪悪感減らす効果もあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 男女問わず、オフィスでも自宅でもお菓子を口にすることが増えた。気分転換やコミュニケーションによいと積極的におやつを導入する企業もある。ひと昔前は、おやつに食べたいお菓子を選ぶ基準といえば味や価格が基準だった。しかし最近では、通常よりもミネラルやビタミンなど特定の栄養などを付加した「いいわけ菓子」であることも重要視されている。

 元美容サイトの編集長で、ブロガー・作家のはあちゅうさんは「SNSなどで情報が手に入りやすくなり、昔より格段に美意識や健康意識が高まっていることの影響が大きいと思います」と、いいわけ菓子への注目の高まりをとらえている。

「1日の食事を小分けにするダイエット方法の流行などで、急激に血糖値をアップダウンさせないことが美容にも健康にもよいという知識が広まりました。小腹が空いたときは我慢せずに間食を利用し、同じ食べるなら少しでも体に良いものをと栄養などが付加されたお菓子が選ばれているのでしょう。こういった間食の選び方は、男性にも広がっていると思います。食べないことはものすごく大きなストレスで、ストレスに性別は関係ないですからね」

 同じものなら体に良いものを、という消費者の志向は各メーカーからの商品にも反映され、機能が付加された「いいわけ菓子」が増えている。

 たとえば、1/3日分の食物繊維を含むビスケット「ぐーぴたっ」(ナリスアップ)や、大豆イソフラボンを摂れる大豆スナック「ソイカラ」(大塚製薬)、ビタミンE豊富なアーモンドとおから入りせんべい「間食健美」(栗山米菓)。6粒で20代女性の1日不足分の鉄分が摂れる「果汁グミ おいしく鉄分プルーンミックス」や、「美」を意識する女性に嬉しい“コラーゲン”を1袋に6000mg配合した「果汁グミ コラーゲンざくろ」(明治)などがある。

「栄養などが付加されたお菓子は専門店へ行かないと買いづらいものでしたが、最近ではコンビニなどで手軽に安く手に入りますし、全体的に美味しくなりました。選択肢が増えたので、選ぶ楽しさもあります。オフィスで食べるとなると周囲にも気をつかうので、机の中に保存しやすいお菓子や、音やニオイが気にならないキャンディやグミは選びやすいですね。

 食べないことはよくないという知識は広がりましたが、間食をとることへの罪悪感はなかなか消えません。その罪の意識を軽くするために、いいわけできるお菓子を選ぶのは自然なことだと思います。さらに最近はヘルシーなものを摂る様子の写真をInstagramで公開したり、オシャレに楽しんでいる雰囲気が強いですね」(前出・はあちゅうさん)

 間食はとかく罪悪感を伴いがちだ。つい食べ過ぎたと暗い気持ちになることもあるが、ミネラルやビタミンなど機能が付加された菓子であれば、体に良いものだからという「いいわけ」が用意されるので間食後のストレスを軽減できる。

 また、間食に対して罪悪感があるほうが、そうでない人に比べて体重が増加する傾向があるという調査結果がある。この結果を受けて心理学の専門家は、制限している食べ物をご褒美としてときどき食べる人のほうが体重管理が上手な傾向にあり、食べる楽しみは人間にとって欠かせないものだと分析している。間食を肯定する科学の裏づけもあり、より罪悪感を減らす「いいわけ菓子」は、ますます注目のお菓子となるのは間違いない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
間食大好き妻 食いカス散らかしまくり夫に1日の行動筒抜け
16億円当たった人も? 食べると宝くじが当たると噂の菓子
口に合わない菓子を持ってくる義父 波風立てず解決するには

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP