ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の救世主ドラ3高木勇人 黒豆携行で「黒豆王子」の愛称

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 開幕ダッシュに失敗した巨人で救世主になっているのがドラフト3位ルーキーの高木勇人(25)だ。
 
 開幕から無傷の3連勝。故障者続出で中継ぎ候補から先発に押し出された格好だったが、原監督が「タカギボール」と命名したカットボールとスライダーの中間のような“魔球”を武器に、セ・リーグの強打者たちを手玉に取っている。

 黒豆が大好きでどこへ行くにも瓶詰にして携行することから、ついた仇名は「黒豆王子」。なんでも社会人時代の恩師から体の線の細さを指摘され「お菓子を食うくらいなら(栄養価の高い)黒豆を食え」といわれたのを、今も愚直に守っているのだとか。

 阪神で救世主となっているのは5年目で初のローテ入りを果たした岩本輝(22)だ。開花のきっかけは同僚の金田和之とともに、オフに守護神・呉昇桓のグアム合宿に参加したこと。右打者の外角低めへの制球が良くなり、今季は2桁勝利が期待できるといわれる。

 もう1人、阪神投手陣の注目は左腕・島本浩也(22)。育成枠から支配下登録され、“第二の山口鉄也”を狙っている。武器は2014年に臨時コーチを務めた大野豊氏直伝のシュートだ。

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金本氏 新井貴浩は「ダメダメ」、阪神入閣「ありえませ~ん」
阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け
金田正一の苦手は吉田義男のみ 桑田真澄は和田、宮本、井端

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP