ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S後継?「SM-T817」がWi-Fi Allianceの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

噂では「Galaxy Tab S」後継と伝えられている「SM-T817」シリーズ(SM-T817A / SM-T817R4 / SM-T817W / SM-T817T / SM-T817P)が 4 月 17 日付けで Wi-Fi Alliance の認証を取得しました。昨年発売された「Galaxy Tab S 10.5」の型番が「SM-T80X」だったので、今回の「SM-T81X」はその後継である可能性が高く、ネット上では「Galaxy Tab S 2」との予測も伝えられています。過去に SMT817 と同型製品と見られる「SM-T815」が GFX Bench で捕捉された時には、、Android 5.0.2、9.6 インチ 2,048 × 1,536 ピクセルのディスプレイ、Exynos 5 Octa 1.9GHz(Mali-T760MP6)、約 3GB RAM、約 25GB ROM、背面に約 800 万画素のカメラ、前面に約 200 万画素のカメラを搭載していることが記載されていました。スペック情報が正確なのものかどうかは定かではありませんが、画面サイズが最近発表された「Galaxy Tab A」シリーズのように iPad 仕様に変わっている可能性もあります。Source : Wi-Fi Alliance


(juggly.cn)記事関連リンク
Lumix CM1(DMC-CM1)がAndroid 5.0.2でWi-Fi Allianceの認証を再取得
サンコーレアモノショップ、スマートフォンとタブレットのデュアルアームホルダー「両手で持って手!」を発売
CyanogenMod 12.1 Nightlyビルドの配信がスタート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。